Created on | Updated on
フォローする

Houdini Game Dev Tools:POLYDEFORM

SideFXのLuizによる解説ムービーがアップされております。

 


カーブでフォームのようにジオメトリを別のジオメトリ形状に合うように変形させることができます。
フォトグラメトリワークフローで役立つとのことです。

 

使い方はとっても簡単!
変形させたい形状を左に、ターゲットにする形状を右側に接続します。

すると、1つ目につないだブタの形状が、2つ目のTubeに沿った状態になります。

いくつかのコントロールパラメーターを持っています。

Retain Featureは、1つ目の形状をどれだけ残すのかの設定です。
Shape BlendはRetain Feturesで決定した形状に元の形状からどのくらいブレンドするかです。
Low Res Previewを有効にすると、内部で低解像度オブジェクトが作成され、それをプレビューすることができます。

Smoothingは、変形したジオメトリにどのくらいスムージングを適用するかになります。

UniformかEdlengthにより、全体に均一にスムージングをかけるか、エッジの長さに応じてスムージングをかけるを決めることができます。

Global Iterationsは精度です。
Falloff Iterationsは変形オブジェクトとターゲットオブジェクトの距離による減衰です。
Normal Iterationsは法線方向を頂点位置に影響させることができます。

例えばスキャンから作成したモデルデータがあります。

実際にゲーム内で使用したモデル形状は以下だった場合・・・

PolyDeformを使用することで、UVやマテリアルを保持したまま、異なる形状に変更することができます。