Created on | Updated on
フォローする

Deadlineアプリケーション構成:Houdini

Houdini内からジョブを送信するには、統合送信スクリプトDeadline ROPノードをインストールするか、モニターから送信することができます。 統合送信スクリプトとDeadline ROPノードのインストール手順は、このページのさらに下にあります。

Houdiniから送信するには、[Houdini] - > [Submit To Deadline]を選択するか、シーン内にDeadline ROPノードを作成します。

integrated

monitor

rop

Submission Options

一般的なDeadlineオプションはJob Submissionのドキュメントで説明され、Draft / IntegrationオプションはDraft and Integrationのドキュメントで説明されています。 統合されたモニター・サブミッターを使用してサブミットする場合、以下のHoudini固有のオプションが使用されます。

ROP To Render:

  • Choose: ドロップボックスからROPを選択することができます。
  • Selected: Houdiniで現在選択している各ROPを(選択した順序で)レンダリングできます。
  • All:Houdiniファイル内のすべてのROPをレンダリングできます。

gnore Inputs:有効にすると、選択したROPだけがレンダリングされます。 依存関係はレンダリングされません。

Build to Force: 32または64ビットレンダリングを強制します。

Ignore Bypassed Nodes: 有効にすると、バイパスされたROPは複数のROPを送信するときにスキップされます。

Automatically Create Dependencies:有効にすると、複数のROPを送信するときに、ROPの依存関係がDeadlineジョブの依存関係に反映されます。

Submit Wedges as Separate Jobs: 有効にすると、Wedge ROPの各Wedgeは、現在のWedge設定とは別のジョブとして送信されます。 このオプションは、選択したROPがWedge ROPである場合、またはすべてのROPがレンダリングされており、少なくとも1つがWedge ROPである場合にのみ有効です。

ROP Node

Deadline出力ドライバは、レンダリングジョブをDeadlineに送信してファームに配信します。 [Submit to Deadline]ボタンを押すと、すべての上流ノードがDeadlineに通信され、すべての依存関係、ロック、およびバイパスされたノードを尊重します。 別のDeadline ROPを確認した場合にジョブを提出する間に、それ以上の従属ノードはすべて将来のジョブに新しいROPプロパティを使用します。

ropExample

この例では、mantra1とmantra3はdeadline1の設定を使用し、mantra2はdeadline2の設定を使用します。

 

Setting Defaults

また、Houdiniのノード(または任意のノード)に対し、スクリプトをまったく必要とせずに簡単にデフォルトを設定することもできます。以下の手順に従ってください。

  1. DeadlineのROPノードを作成してHoudiniを開きます。
  2. 必要なすべての値をデフォルトに設定します(プール、グループ、および制限はDeadline ROPノードの[ジョブオプション]タブにあります)
  3. Deadline ROP Nameの横にある歯車をクリックして、以下を選択します。
     ・「Save Preset…」を選択すると、異なるデフォルト値を選択できます
     ・作成されたすべてのDeadline ROPノードにこれらのデフォルトを設定する場合は、[Save as Permanent Defaults]を選択します

ropDefaults

 

Tile Rendering Options

Tile Renderingを有効にすると、1つのフレームを複数のタイルに分割できます。

  • Enable Tile Rendering: 有効にすると、フレームは個別にレンダリングする複数のタイルに分割され、後で組み立てられます。
  • Use Jigsaw Rendering: Jigsawの使用を有効にします。無効の場合、タイルのグリッドが使用されます。
  • Single Frame Tile Job Enabled: 1つのジョブですべてのタイルを送信できるようにします。
  • Single Job Frame: 分割されるフレーム。
  • Submit Dependent Assembly Job: タイルをアセンブルするタイルジョブに応じてジョブをサブミットします。
  • Cleanup Tiles after Assembly: 選択すると、タイルはアセンブリ後に削除されます。
  • Error on Missing Tiles:有効にすると、タイルのいずれかが見つからない場合、アセンブリジョブは失敗します。
  • Assemble Over: 空白のイメージ、以前の出力、または指定されたファイルで、Draft Tile Assemblerが何をアセンブルするか決定します。
  • Error on Missing Background: 有効にすると、バックグラウンドファイルが存在しない場合、ジョブは失敗します。

 

IFD Exporting and Mantra Standalone

Houdiniサブミッターを使用すると、シーンをIFDファイルにエクスポートするジョブをサブミットし、エクスポートされたIFDファイルをレンダリングするために従属Mantra Standaloneジョブをサブミットすることができます。

integrated2

monitor2

モニタから送信するときは、[IFDの書き出しを上書き]オプションを有効にするだけです。 統合送信スクリプトを使用してHoudiniから送信する場合は、エクスポートするROPのプロパティで[Disk File]オプションが有効になっていることを確認してから、送信者の[Submit Dependent Mantra Standalone Job]オプションを有効にする必要があります。 ROPにDisk File設定が有効になっていない場合、ROPにイメージがレンダリングされ、依存するMantra Standaloneジョブは送信されません。

../_images/houdini_rop_disk_file.png

Mantra Standaloneジョブの一般的なDeadlineオプションについては、Job Submissionのドキュメントで説明しています。 Mantra Standalone固有のオプションは次のとおりです。

  • Export Mantra Locally: 有効にすると、Mantraスタンドアロンジョブが送信される前に、Mantra IFDファイルがマシンによってエクスポートされます。
  • Mantra Threads: Mantraスタンドアロンジョブに使用するスレッドの数。

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。