Created on | Updated on
フォローする

Nuke 11.0v4リリースノート

Nuke 11.0v4でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS
  • Mac OS X El Capitan (10.11) or macOS Sierra (10.12)
  • Windows 7 or Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 6 or CentOS 7 (64-bit)
このリリースに新機能はありません。
 
機能強化

•BUG ID 143908/157989  - Expressions:新しくPreferences>[Performance]に [Expressions]> [Mode]が追加されました。

ノードグラフのExpressionの評価方法を制御します。最初の依存関係を見つけるためのすべての式の評価、デフォルトモード、Lazy、再評価のみ必要に応じて表現します。これは、場合によってはUIのパフォーマンスに役立ちます。

定数式の評価が必要な場合は、ModeをAlwaysに設定します。これにより、Nukeは以前のリリースと同様に動作します。

•BUG ID 169843  -  BlinkScript:エラーメッセージがViewerに表示されるようになりました。

コンパイルエラーに関する詳細情報をエラーダイアログに表示します。

•BUG ID 173220  -  BlinkScriptノードとソフトエフェクトは、float3x3およびfloat4x4マトリクスコンストラクタをサポートするようになりました

バグの修正
 
•BUG ID 274184 - コマンドラインでNukeのバージョン番号が正しくありませんでした。
•BUG ID 275698 - macOSのみ:Denoiseノードの解析領域を調整すると、Nukeがクラッシュしました。
•BUG ID 279107 - Denoise:時間処理を4以上に設定すると、CUDAエラーが表示されました。
他51件のバグ修正
 
 
上記以外の情報はNuke 11.0v4リリースノートをご参照ください。