Created on | Updated on

Mari 4.6v1リリースノート

Mari4.6v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS
Windows 7 64-bit またはそれ以上
Linux 64-bit  (CentOS/RHEL 6)
macOS 10.11(El Capitan)から10.14(Mojave)Mari 3のみ

 

新機能

Geo-Channels

新しいGeo-Channelsは、Materialsシステムにシームレスに統合され、CurvatureやAmbient Occlusionなどのメッシュマップによってマテリアルの外観を駆動できます。

ノードグラフ

強力なノードグラフを材料設計に活用し、ユーザーエクスペリエンスを向上させて出荷しています。

新しいプロシージャルノード

新しいプロシージャルパターンとフィルターを調べて、マテリアルとプロジェクト内でより複雑で非破壊的なノードネットワークを作成できます。

Curvature 

  • Projection Nodes

投影ノード

  • Curvature

Curvature

  • 新しいフラクタルノード

Voronoi

  • 新しいパターン

Mri Patterns

  • Math Operators

Math

  • Misc. Utilities

Misc Utilities

合理化されたルックデベロップメント

3DelightとVRayのチームから2つの新しいレンダーベンダーが提供した近似シェーダーをもたらします。Mariのシェーダーを使用すると、MariとKatana、およびその他のDCCプログラム間を往復する必要性が減り、アーティストは自信を持ってペイントでき、最終レンダリングで自分のアートが正しく見えることを知ることができます。

マテリアルシステムの改善

カスタマイズ可能なマテリアルファイルアイコンとマテリアル取り込みツールの改善により、アーティストのカスタマイズとマテリアル作成プロセスの広範な自動化が可能になりました。

  • マテリアルサムネイルのカスタマイズ

  • 取り込みツールはカスタムサムネイル画像を使用できます

  • 取り込みツールはカスタムマテリアルテンプレートを使用できます

  • 取り込みツールは検索結果を表示できます

バグの修正や既知の問題などについては本文のMari4.6v1リリースノートをご参照ください。
Mari4.6v1リリースノート

Mariの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/mari/download 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ