Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6(実験的ビルド)リリースノート

このビルドには、Maya、3ds Max、Houdini、C4D、Softimage、Katana用のプラグインが含まれています。

重要:このバージョンでは、最新のNVidiaディスプレイドライバが必要です。

このリリースには、ここに投稿された問題のバグ修正が含まれています:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/16206/

このバグは、AOVが存在するときにセカンダリレイの強度クランプがどのように作業したのかという違いに関連しており、AOVなしだとわずかに明るいセカンダリレイが得られる可能性があります。 この修正により、セカンダリレイの強度が変化することがあります。フレームシーケンスをレンダリング中に差異を確認した場合、セカンダリレイ強度クランプを一致させるか、安全であると感じるまでこのバージョンへのアップグレードを延期してください。

* ビルドバージョン2.5.53ベース
* CUDA compute 7.0 カード(Titan Vを含む)をサポート
* Windowsのみ(LinuxおよびmacOSは近日公開予定)
* Mayaのレンダリングビューでのみ使用可能なデノイズ - 今後のビルドで更なる開発を追加

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。