Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.5.54リリースノート

このビルドには、Maya、3ds Max、Houdini、C4D、Softimage、Katana用のプラグインが含まれています。

このリリースには、ここに投稿された問題のバグ修正が含まれています:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/16206/

このバグは、AOVが存在するときにセカンダリレイの強度クランプがどのように作業したのかという違いに関連しており、AOVなしだとわずかに明るいセカンダリレイが得られる可能性があります。 この修正により、セカンダリレイの強度が変化することがあります。フレームシーケンスをレンダリング中に差異を確認した場合、セカンダリレイ強度クランプを一致させるか、安全であると感じるまでこのバージョンへのアップグレードを延期してください。

* [Max]インポートジオメトリの種類によって発生したレンダリング問題を修正
* [C4D] マルチスレッドメッシュ抽出を有効にすると不安定になる可能性のあるバグを修正
* [Houdini] (H16.5) 任意の名前のUVマップのサポート。  UVマップタイプアトリビュートをユーザーカスタムアトリビュートとして使用する必要がある場合は、RS ROPノードでこの新機能を無効にすることが可能。
* [Houdini] RSRenderViewをOSXプラグインのビルドに追加
* [Houdini] コンソールログを有効/無効にする新しいコマンド "Redshift_switchConsoleLog"
* [Houdini] 以前発生していたシーンがロードされていない場合、Start / Stopボタンを押すとRS RenderViewのクラッシュする問題を修正
* [Houdini] 事前にロードされていないシーンはStart/Stop ボタンで完全にロード
* [Houdini]シーンを閉じたり、別のシーンをロードしたり、RS ROPノードを削除したりした後にRS RenderView(フローティングまたはドッキング)を保持
* [All] 2.5.53が導入された壊れたRS Material dispersionバグを修正
* [All] 他のAOVが出力されていないときにパズルマットが壊れる2.5.53で導入されたバグを修正
* [All]2.5.53で導入された、IPR /プログレッシブモードでのレンダリング時に明るすぎる拡散GIを引き起こすバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。