Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.5.53リリースノート

このバージョンには、Linux / MACOS上のウォーターマークの問題があります
このような問題が発生した場合は、修正作業中は以前のバージョンを使用してください
※すでに修正されたバージョン2.5.54がリリースされております。

このビルドには、Maya、3ds Max、Houdini、C4D、Softimage、Katana用のプラグインが含まれています。
※Webからダウンロードできるインストーラーはノードロックライセンス用インストーラーです。ネットワークライセンスをご使用されている場合、インストーラーは納品時のメールを参照しダウンロードを行ってください。

このリリースには、ここに投稿された問題のバグ修正が含まれています:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/16206/

このバグは、AOVが存在するときにセカンダリレイの強度クランプがどのように作業したのかという違いに関連しており、AOVなしだとわずかに明るいセカンダリレイが得られる可能性があります。 この修正により、セカンダリレイの強度が変化することがあります。フレームシーケンスをレンダリング中に差異を確認した場合、セカンダリレイ強度クランプを一致させるか、安全であると感じるまでこのバージョンへのアップグレードを延期してください。

* [Maya] カメラ/オブジェクトの動きやアトリビュート編集に対するIPRのレスポンスが大幅に向上(別名「Smooth IPR」)
* [Maya] インスタンス化されたプロキシでオーバーライドされたユーザーデータが正しく機能しないバグを修正
* [Maya] プロキシ上のユーザーデータオーバーライドがカスタムAOVで正しく機能しないバグを修正
* [Maya] 反射光沢入力をノードエディタで表示することを妨げていたArchitectural NE テンプレートでのバグを修正
* [Max] カスタムAOVのデフォルトシェーダに影響を与える2.5.52に再現されたバグを修正
* [Max] Fixed rendering of objects that use alternative render meshes (e.g. Body Object)
* [Max] パースペクティブ制御設定がビューポートと異なるレンダリングを行う原因となるカメラ問題を修正
* [Max] Redshift Matteオブジェクトのプロパティに不正なデフォルト値を使用する問題を修正
* [Max] [ファイルを保存]オプションがオフの場合、設定された出力ファイル名でAOVを保存しない
* [Max] シェイプオブジェクトのデフォメーションブラーをサポート
* [Max] Redshift Bitmap:sRGBオーバーライドはデフォルトで無効。 クリッピングスピナーの精度を増加
* [C4D] OSXのRedshift RenderViewの初期サポートを追加
* [C4D] RSObjectタグへのTake Groupオーバーライドのサポートの追加
* [C4D] オブジェクトのレイヤーカラーを取得するRSLayerColor User Dataを追加
* [C4D] ShaderGraphマテリアルにビューポートテクスチャ解像度設定を追加
* [C4D] ShaderGraph EditorマテリアルプレビューUIを改善。Cinema 4Dの設定で指定されたプレビューシーンをデフォルト設定
* [C4D] シェーダノードのグラディエントパラメータのデフォルト補間タイプをリニアに変更
* [C4D] 特定の条件の下で不正なカーブレンダーにつながる問題を解決
* [C4D] パスまたはファイル名に特定の国際文字が含まれている場合、IPR中に正しくないテクスチャにつながる問題を修正
* [C4D] IPRをアクティブ中に終了すると、Cinema 4DがハングするOS Xの問題を修正
* [Houdini] 非GUIツールでは、デフォルトでRedshiftエラーが発生するとHOM_OperationFailed例外が発生
* [Houdini] RedshiftエラーHOM_OperationFailed 例外を無効にする新しいhscriptコマンド“Redshift_disableRaiseExceptionOnRenderError”
* [Houdini] 群衆やパックドジオメトリ抽出時間を伴うその他オブジェクトの改善用に設計されたマルチスレッドパックドジオメトリ抽出コード
* [Houdini] RS ROPの新しいオプションで、マルチスレッドパックドジオメトリ拡張機能を有効/無効が可能
* [Houdini] OBJレベルのTransformationを無効かする新しいプロキシエクスポートオプション
* [Houdini] グローバルシーンカスタムAOVのシーケンスレンダリングのバグを修正
* [Houdini] MPlayにレンダリングされた場合のカスタムAOVの問題を修正
* [Houdini] モーションブラーオプションが有効になっているプロキシROPを使用してプロキシファイルをエクスポートするクラッシュを修正
* [Houdini] モーションブラーオプションが有効になっているプロキシROPを使用してプロキシファイルをエクスポートするクラッシュを修正
* [Houdini] ROPノードにエラーとして報告された重要ではないいくつかの問題は、警告としてレポート
* [Houdini] null vopがサーフェス入力にリンクされていた場合のレンダリングエラーメッセージを修正
* [Houdini] RSレンダラーが2度廃棄されないようにする追加チェックを追加し、終了時のクラッシュを回避
* [Houdini] RS RenderViewをシェルフから開くか、ROPがペイン内で使用可能な場合、いくつかのGUI問題を修正
* [RenderView] リージョンレンダリングモードでパンニング中に発生する致命的なアサーションを修正
* [All] 低解像度ボリュームグリッドとメッシュとの交差がバンディングアーチファクトを生成する可能性のあるバグを修正
* [All] 空のボリュームグリッドの処理に関するいくつかのバグを修正
* [All] リストからWorld PositionまたはDepth AOVを削除した後に破損したAOVを引き起こすバグを修正
* [All] カスタムAOV 「ユーザデータ」がパーティクル/インスタンスでサポート
* [All] 複数のライトが重なったときにマットシャドウが不正確になる可能性がある2.5.52で導入されたバグを修正
* [All] ライトが重なった場合特にマットシャドウ除外モード(2.5.52で導入)の精度を改善
* [All] Physical Lightスポットライトにてコーンのフォールオフカーブを制御
* [All]最適化されたパズルマットAOVレンダリングにより、以前より大幅に高速化
* [All] ノーマルマッピングオプションをRS BumpMapノードに追加しました.dccテクスチャサンプラを使用してノーマルマップをサンプリング可能。
* [All] RS BumpMapノードの上記の機能拡張のために、RS NormalMapノードは非推奨となります。
* [All] Direct lighting AOVからの「半透明」ライティングを失う比較的最近になって導入されたバグを修正