Created on | Updated on

Foundry製品とApple macOS Catalina(10.15)との互換性

概要

Appleの近日リリース予定のOSアップデートmacOS Catalina(10.15)には、Foundry製品と最新バージョンのmacOSの互換性に影響を与える厳しい要件があります。

 

詳細

Appleは、今月中にリリースされる予定のmacOSの新しいバージョンで実行されるすべてのアプリケーションに対して、より厳しい署名要件を発表しました。

macOS Catalina(10.15)にアップグレードすると、古いバージョンの製品を開くことができなくなるため、ユーザーは現在サポートされているmacOSのバージョンを使用することをお勧めします。現在影響を受ける製品は次のとおりです。

  • Nuke Family*
  • Modo
  • Mari
  • Flix
  • Colorway

* Appleは、NukeがいくつかのQuickTimeコーデックのサポートに依存しているQuickTime Helperを含む32ビットアプリケーションのサポートも削除しました。残念ながら、これにより、NukeのすべてのバージョンがmacOS Catalinaで実行できなくなります。この場合、お客様はアップグレードしないことをお勧めします。

Foundry社では新しい要件を満たすための措置を講じており、今後のリリースで非互換性に対処する予定です。

 この記事はFoundryサポートサイトにて原文を確認できます。

https://support.foundry.com/hc/en-us/articles/360009171179

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ