Created on | Updated on

Substance Designer 2019.2.Xリリースノート

Substance Designer 2019.2は、新しいドットノード、HDRフィルター、強力な最適化を提供します。

 

主な機能

新しいドットノード

Dotノードは待望のリクエスト機能です。 その目的は、ノード間の接続をリダイレクトしてグラフを再編成することです。 以前のリダイレクトドットとは異なり、これはリンクを蓄積でき、接続が切断されても消えません。

  • ドットノードの挿入
    Dotノードを挿入するには、ALTを押してながらノード接続をクリックします。


  • リンクを介してDotノードを作成する
     ノードからリンクをドラッグするときは、ALTキーを押して放し、マウスのある場所に新しいドットノードを挿入します。
     

  • Node Creation Menuを介したDotノードの作成
    この新しいノードを作成する別の方法は、ライブラリから起動することです。


  • リンクをドットノードと統合する
    Altキーを押しながらリンク上にドットノードを移動して、複数のノード接続をマージします。

ノード作成メニューの改善

「スペースバー」を押すと表示される「ノード作成」メニューで、お気に入りを優先的に定義およびリストできるようになりました。 使いやすくするために、メニューに関するいくつかの新しい動作も追加されました。

  • お気に入りを最初に表示
    テキストフィールドの横のアイコンをクリックすると、最初にお気に入りのリストを有効または無効にすることができます。


  • お気に入りの追加または削除
    お気に入りが表示されたら、ノード名の横のアイコンをクリックして、リスト内のノードを追加または削除できます。
    (お気に入りは[ライブラリ]ウィンドウで直接管理することもできます。)


  • ノードからリンクをクリックしてドラッグするときにメニューを開く
    ノードの接続をクリックしてドラッグし、マウスを離すと、ノード作成メニューが開きます。 作成されたノードは、リンクに接続されます。 リストで使用可能なノードは、入力される接続に依存します。

リアルタイムレンダラーの新しいテクニック

Substance Designerのリアルタイムビューポートは、新しいレンダリング機能をサポートするように改善されました:「異方性」、「コーティング」、「表面下散乱」。 これらの機能によって導入されたすべての新しいチャネルと使用法も、Irayと互換性があります。

  • 異方性
    異方性は、反射が特定の方向にどのように動作するかを定義するプロパティです。 多くの場合、髪やブラシをかけられた金属などの特定のマテリアルタイプに使用されます。
    異方性マテリアルを作成するには、次の使用方法でグラフに2つの出力が必要です。
    • AnisotropyAngle: 異方性の方向を定義します。 黒から白にループします。
    • AnisotropyLevel: 異方性強度を定義します。 推奨値は0.9〜0.98(グレースケール)です。

    注:異方性は、すべてのデフォルトPBRシェーダーでサポートされています。
    コーティング層の不透明度。

  • コーティング
    コーティングにより、ベースマテリアルの上にマテリアルの2番目のレイヤーを定義できます。 車のペイントや金属表面のフィルムをシミュレートするために使用できます。
    コーティングされたマテリアルを作成するには、新しいSubstanceテンプレート「PBR Coated (Metallic/Roughness)」を使用するか、グラフに次の出力を追加します。
    • coatWeight: コーティング層の不透明度。
    • coatSpecularLevel: コーティング層の鏡面反射光レベル。
    • coatColor: コーティング層の色。
    • coatNormal: コーティング層の法線。
    • coatRoughness: コーティング層の粗さ。
    注:コーティングには、新しいシェーダー「physically_metallic_roughness_coated」が必要です。


  • 面下散乱
    表面下散乱は、マテリアル内部の光の吸収と拡散をシミュレートします。 肌やその他の有機表面のシミュレーションに非常に便利です。
    サブサーフェスマテリアルを作成するには、新しいSubstanceテンプレート「PBR Sub-Surface Scattering (Metallic/Roughness)」を使用するか、グラフに次の出力を追加します。
    • scattering: マテリアル内の光の拡散の強度を制御します。
    注:サブサーフェスには、新しいシェーダー "physically_metallic_roughness_sss"が必要です。 散乱色は、シェーダーパラメーターで制御できます。

これらの新しいレンダリング機能は、Substance Designerのシェーダーシステムの再構築により可能になりました。 GLSLFXフォーマットは、レンダリングの複数パスを許可する「Techniques」の定義をサポートするようになりました。 いくつかの例については、inSubstance Designer / resources / view3d / shadersにあるデフォルトのシェーダーをご覧ください。

改善されたパフォーマンス

Substanceエンジン(バージョン7.2.0にジャンプ)の改善が行われ、複数の状況で良好な結果となります。

  • より高速な微調整のためのグラフ計算のキャッシュ
    グラフのレンダリングは、新しいキャッシュシステムの追加により改善されました。 これにより、変更されていないノードがスキップされるため、グラフの調整が以前よりはるかに高速になります。
  • ライブラリの読み込み時間の改善
    新しいクッキングの最適化とデコード速度の改善により、ライブラリの読み込みが大幅に改善されました。 ライブラリは、生成が2〜8倍高速になりました。

HDRフィルターを使用した新しいコンテンツ

この新しいリリースでは、HDR環境マップの操作専用の多くの新しいフィルターを導入しています。

  • HDR Merge:複数のLDR(ローダイナミックレンジ)写真を集めて、1つのHDR画像を作成します。
  • Nadir Patch: このノードを使用すると、球面変形を考慮しながら、HDRIの地上部分のクローン/パッチを適用できます。
  • Nadir Extract:このノードは、HDRIからテクスチャを抽出できます。 3Dシーンで地面のテクスチャをマッピングするために使用できます。
  • Color Temperature Adjustment: HDR値のサポートを含め、入力画像の色温度を調整します。
  • Straighten Horizon: 環境マップの緯度/経度を回転させます。 撮影条件によっては、360°のパノラマが真っ直ぐにならない場合があります。
  • Physical Sun&Sky: このノードは、Hosek-Wilkie Skylightモデルの実装です。 太陽の位置を指定すると、物理的に正確な空のパノラマが生成されます。
  • Plane Light: 3Dシェイプのように長方形のライトを生成します。 2Dビューで位置を変更し、テクスチャを適用し、温度またはRGB値を使用して色を設定できます。
  • Line Light: 線状のライトを生成し、2Dビューで位置を変更します。 平面ライトと同様のオプションがありますが、ネオンライトのような細長い形状に設計されている点が異なります。
  • Sphere Light: 球形のライトを生成し、2Dビューギズモを使用してその位置を変更します。 球状のテクスチャを適用して、遠くの惑星を作成することもできます。

Release Notes

 


2019.2

(Released August 29, 2019)

 

Added :

 

  • [Content] New ‘Panorama Light’ shapes
  • [Content] New ‘Panorama Nadir Patch’ filter
  • [Content] New ‘Panorama Nadir Extract’ filter
  • [Content] New ‘Panorama Straighten Horizon’ filter
  • [Content] New ‘Panorama Rotation’ filter
  • [Content] New ‘Panorama Position’ node
  • [Content] New ‘Panorama Physical Sun and Sky’ node
  • [Content] New ‘Panorama Gradients’ nodes
  • [Content] New ‘HDR Merge’ filter
  • [Content] New ‘HDR Preview’ filter
  • [Content] New ‘Color Temperature Adjustment’ filter
  • [Content] New ‘Blackbody’ node
  • [Content] New ‘Exposure’ filter
  • [UI] Node Creation Menu: display and manage Favorites in the menu
  • [UI] Add/Remove a node from the favorites from the Node Creation Menu
  • [UI] Node Creation Menu: spawn the menu when clicking/dragging a link from an output
  • [UI] Node Creation Menu: filter the content according to the current selection type
  • [3D View] Support Anisotropy
  • [3D View] Support Coating effect
  • [3D View] Support Subsurface Scattering
  • [Graph] Dot node
  • [Graph] Optimize graph rendering by caching cooking results
  • [Preferences] Change the ‘Cooking Size Limit’ default value to 8192
  • [Preferences] Add a toggle to turn the new ‘Tab’ key functionality on/off
  • [API] Add SDResource.getPackage() method
  • [Iray] Update to NVIDIA Iray RTX 2019.1.3 SDK (317500.3714)
  • [Explorer] Allow to link any type of file as a resource in the Package
  • [GradientNode] Press ESC to cancel the gradient picking
  • [Parameters] Remove automatic Upper case on identifiers
  • [Project] Add an option to specify if graphs and resources are ‘Visible in Library’ by default
  • [Presets] Automatically pin modified parameters

 

Fixed :

 

  • [MDL] Can't export module due to parameter type issue
  • [MDL] Exposed int is not visible when loading
  • [MDL] Crash occurring during MDL export
  • [MDL] Crash when modifying color of a material surface node
  • [MDL] void MDLGraphNodeControllerSelector::updateSelectorCurrentMember(const DataMessage& msg) is broken
  • [Graph] Incorrect link thickness in graph display
  • [Graph] Too many invalidations are triggered when tweaking parameters
  • [Graph] Crash when closing a package while two windows of it are open, and using in-context editing
  • [Function Graph] Warning doesn’t appear when closing function view
  • [3D View] Crash on 3D View initialization when camera projection is set as ‘orthographic’ as a default scene state
  • [3D View] Post-FX DOF stays enabled in Iray
  • [2D view] Brush selection window disappears when changing brush size
  • [2D View] Information panel: values are cropped with a specific layout
  • [2D View] The image is offset when minimizing and restoring the main window
  • [Bakers] ‘From Resource’ selection list is not filtered correctly
  • [Bakers] Crash when chaining ‘Color Map from Mesh’ and ‘Normal Map from Mesh’ bakers on Embree
  • [Bakers] Curvature Per Vertex baking results in severe artefacts
  • [Explorer] Can’t import UDIM resources drag and dropping it in explorer
  • [Explorer] Explorer window is not filtered correctly when linking meshes and fonts after linking unusual file formats
  • [Explorer] Resources are visible when graph has ‘show in Library’ set to ‘no’
  • [Content] ‘Pow’ and ‘clamp’ inputs are not in the correct order
  • [Content] ‘RGBA Merge’ node inputs are not labelled
  • [Cooker] Invalid connections of numeric values evaluate anyway
  • [Cooker] Assert when connecting an image input to an input value
  • [UI] Mouse cursor gets stuck in the ‘resize’ state in some particular cases
  • [UI] Right click in package view doesn’t display the correct menu on Linux
  • [Dependencies] File path of temporary resources is not correct
  • [Dependencies] Missing bitmap resource warning stays active after relocation
  • [Library] Some thumbnails are not generated
  • [Library] MDL files are displayed in the library
  • [Parameters] Crash when exposing parameters
  • [Parameters] Crash after recreating a new element in drop down list
  • [Export] 8K batch export fails
  • [Presets] Crash when applying a preset involving booleans in SBS instances
  • [Scripting] ‘Welcome’ screen still appears when using '--quit’ command line argument

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ