Created on | Updated on

Nuke 12.0v01リリースノート

Nuke 12.0でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

macOS Sierra (10.13) or macOS High Sierra (10.14)
Windows 7 or Windows 10 (64-bit)
CentOS 6 or CentOS 7 (64-bit) 

新機能

ビューアーのジオメトリ選択機能-[Soft Selection]

ジオメトリ面または頂点の選択を変更して、カスタマイズ可能なソフトフォールオフを選択に追加できるようになりました。これによってジオメトリの微妙な変更が簡単になります。EditGeoまたはModelBuilderを使用して行われたジオメトリの変更は、選択フォールオフとともに適用され、ジオメトリの変更にソフトな遷移が作成できます。Nuke 12.0には7つの組み込みソフト選択カーブがあり、カスタムカーブを作成するためのUIになっています。

Edge Extendノード

新しく追加されたEdge Extendノードを使用すると、サンプリングした領域を侵食または膨張させることができ、アルファのより深いところからピクセルを引き出し元のサンプル領域の詳細なノイズなどをリカバーする機能です。 

Inpaintノード 

GPUで高速化されたスムーズな描画で作業が可能になります。これはスピーディーにマーカーの削除作業を行うのに最適です。
ビューティー作品、およびオブジェクトの交換。
ストレッチコントロールを使用すると、定義された方向に描画をバイアスできます。

 Grid Warp Trackerノード

新しく追加されたグリッドワープトラッカーは、マッチムーブの作成、ワープとモーフの追跡、カスタム定義されたグリッドシェイプのワープ、Smart Vectorを使用して、カスタム定義されたグリッドシェイプ全体でグリッドを駆動します。「To and From」グリッドワークフローを使用すると、グリッド間で追跡データを追加およびコピーできるため、元のデータを失うことなく、またはバックアップバージョンを作成することなく、再テストまたは修正を効率的に行うことができます。

 NukeXに統合されたCara VRノード

以前よりNukeのプラグインとしてあったCara VRのノードの大部分がNukeXに統合されます。これには、VRおよびステレオワークフロー用のGPU対応ツール、および従来のカメラソルバーとワークフローのクリーンアップが含まれます。Cara VRのカメラソルバーを使用すると、複数のカメラ設定を管理しやすくなり、アーティストはカスタムカメラ設定を簡単に切り替えて解析し、単一の画像を生成できます。

 

Nuke Studio、Hiero、HieroPlayerのプレビューパフォーマンス

プレビューパフォーマンスの改善-再構築された再生エンジンは、特に高解像度とフレームレートで、マルチチャンネルEXRを使用したカラーマネージドワークフローの厳しいI / O要求に最適化された、Nuke Studio、Hiero、HieroPlayerのタイムラインベースのツールではるかに安定したプレビューを提供します。 

インタラクティブなパフォーマンス

Nuke 12.0には、大規模での作業データを扱う際のパフォーマンスを改善するために、ソフトウェア全体にわたってさまざまな最適化がされています。主要な改善点の1つは、大規模プロジェクトで作業する際に1000を超える巨大なスクリプトをスムーズに扱うことができます。

EXR読み取りおよび書き込みパフォーマンス 

EXRの読み取りと書き込みの両方のパフォーマンスを最適化しました。最大の改善点のいくつかは、PIZ、Zip16、DWAA、およびDWABなどの平面ベースの圧縮タイプを使用する場合に見られ、ディスクからローカルであろうとネットワークから離れていようと、ファイルの読み取りが高速になります。

OCIORolesのサポート

Nukeファミリーは、OCIORolesをサポートするようになりました。これにより、カスタムロール名を特定の色空間のエイリアスとして設定できるようになり、アーティストがプロジェクトや施設間で使用するLUTを簡単に共有できるようになりました。

 業界標準とファイル形式の更新

Nuke 12.0はVFX Reference Platform 2019をサポートしています。これによりQtとOpenEXRの最新バージョンを使用しますRED SDKはバージョン7.1にアップグレードされ、NukeおよびNukeXでのREDファイルのCUDAベースのGPUデコード、他にもAJAカードのSDKや.mxfファイルの読み取りなどのサポートが含まれます。

業界標準とファイル形式の更新

上記以外の情報はNuke12.0v01リリースノートをご参照ください。
Nuke 12.0v01リリースノート

Nukeの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/nuke/download

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ