Created on | Updated on

システム利用要件

原文 https://docs.substance3d.com/spdoc/technical-requirements-172824034.html

このページでは、システム要件とハードウェアの互換性情報を再グループ化します。

サポートされているオペレーティングシステム

mceclip0.png

UVタイルワークフローを使用するときに良好なパフォーマンスを得るには、次のことをお勧めします。

  • 32GBのRAM
  • 8GBのVRAMを搭載したGPU
  • プロジェクトとアプリケーションキャッシュの両方を保存するSSD。

その他

  • 快適な環境で作業するためには、1メガピクセル以上の解像度と1280ピクセル以上のワイドなモニターをお勧めします。
  • 8K(8192*8192ピクセル)での書き出しには、2GB以上のVRamを持つGPUが必要です。
  • MacOS 10.15(Catalina)上で動作させるためには、2019.x以上のバージョンのみが公証されています。
  • CentOS 7.5以前のバージョンでは、ライブラリ依存の問題(FT_Get_Font_Formatエラー)でアプリケーションが起動しない場合があります。システムをアップデートするか、以下のライブラリをインストールすることをお勧めします。
  • RDP(リモートデスクトップ)経由で利用する場合は、専用のドキュメントページを参照してください。
  • Ryzen CPUでベイク時にクラッシュする問題は、BIOSのアップデートで直る場合があります。

 

サポートされているGPU

Substance Painterは、Sparse Virtual Textureという名前のGPU機能を使用してパフォーマンスを改善します。 ドキュメントのページをチェックして、ハードウェアに互換性があるかどうかを確認してください。

  • NVIDIA GeForce GTX 900以上
  • NVIDIA Quadro M2000以上
  • AMD Radeon HD 7700、R7 260、R9 290以上
  • AMD Radeon Pro WX-2000 / Pro Duo以上
  • AMD FirePro W5000以上

    AMD VEGA GPUでは、まれに計算フリーズが発生することがあります。

サポートされていないGPU構成

  • Mac:
    • 公式のApple構成のみがサポートされています
    • Nvidia Irayレンダラーでは、GPUを使用するためにCUDAドライバーが必要です
    • eGPUは現在サポートされておらず、安定性の問題がある可能性があります
  • Linux:
    • LinuxのMesaドライバーはサポートされていません
  • 統合GPUはサポートされていません。アプリケーションはIntel HD 6000やIRis Pro 6200以上のようなGPUで実行できるかもしれませんが、多くの問題が発生する可能性があります。

GPUドライバーの最小バージョン

以下は、アプリケーションを問題なく動作させるために必要なGPUドライバの最小バージョンのリストです。このリストは新しいバージョンのリリースに合わせて変更されることがあります。新しいドライバをダウンロードするには、以下を参照してください:GPU has outdated drivers

mceclip1.png

Mac OSでは、GPUドライバはオペレーティングシステム自体によって提供されています。最新のドライバにアクセスするには、お使いのOSの最新バージョンにアップデートしてください。

ドライバーの互換性問題

以下は、アプリケーションがクラッシュしたり、問題が発生する可能性のあるGPUドライバのバージョンのリストです。

Vendor Version Issue
Nvidia

 

425.xx

GPUレイトレーシングのアーティファクト。
429.xx or older 黒いテクスチャブロックのアーチファクト。
435.xx or older テクスチャを計算する際のsRGBカラーの問題

439.xx

テクスチャの破損

441.08

クラッシュや安定性の問題

442.19 クラッシュや安定性の問題

ベイク用のGPUレイトレーシング

OptixまたはDXRを介してGPUレイトレーシングを有効にするには、上記で推奨される最小ドライバーをインストールする必要があります。

DXRには、次の最小構成が必要です。

  • Windows 10バージョン1809、詳細についてはこのページを参照
  • Pascalアーキテクチャを備えたGPU(Nvidia GeForce 10XX)

    GPUレイトレーシングは、NVIDIA GeForce RTXやNVIDIA Quadro RTX GPUなどの専用レイトレーシングハードウェア上で最適に動作します。

サポートされているグラフィックタブレット

以下は、Substance Painterバージョン2019.2でテスト済みの互換性のあるグラフィックタブレットのリストです。

mceclip2.png

Huionタブレットには、Windowsでさまざまなショートカットの問題があり、現時点ではサポートされていません。

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ