Created on | Updated on

Substanceパラメーターをブループリントで変更する

初めにこちらをご確認ください。

元となるSubstanceを用意します。

mceclip1.png

このSubstanceは3つのFloatパラメーターと1つのInteger、1つのBooleanを持っています。

mceclip2.png

SBSARとしてPublishしてください。

作成したSubstanceファイルと適用したいモデルをUEに読み込みます。

mceclip5.png

mceclip6.png

読み込んだアセットをビューポートにドラッグして配置し、さらにそのアセットにSubstanceから作成されたマテリアルを適用します。

mceclip7.png

Material Instanceをダブルクリックし、パラメーターを表示します。
パラメーターを変更し、Substanceの結果が変化することを確認してください。

mceclip8.png

それではこのMaterial InstanceのパラメーターをBlueprintで変更できるようにします。

Bluepirnt作成します。

mceclip9.png

親クラスはActorにします。

mceclip10.png

任意の名前にします。

mceclip11.png

作成したBlueprintをダブルクリックしエディタを開きます。

イベントグラフタブをクリックしてください。

mceclip12.png

画面左側にある変数の横の+をクリックし、変数を追加します。

mceclip13.png

変数名をSubstanceに変更します。

mceclip14.png

変数の型をSubstance Graph Instance>Object Referenceに設定します。

mceclip15.png

コンパイルボタンをクリックします。

mceclip16.png

コンパイルするとデフォルト値を設定できるようになるので、ここでSubstanceから作成されたGraph Instanceを選択します。

mceclip17.png

今、設定したGraph Instanceのプロパティを開きます。

この中のRustというBoolean型のプロパティをBlueprintで変更します。

mceclip18.png

Blueprintエディタにて、先ほど作成したSubstance変数を選択し、ドラッグします。

Get Substanceを選択します。

mceclip19.png

作成したGet SubstanceにSet Iput Boolを接続します。

mceclip20.png

Identifierにパラメーター名を設定する必要があります。

mceclip22.png

Identifierが不明な場合は、パラメーター名にマウスのカーソルをおくと確認可能です。

mceclip21.png

Identifierに確認した名前を設定します。

mceclip23.png

イベントBeginPlayをSet Input Boolに接続します。

mceclip24.png

Set Input BoolからAsync Renderingに接続します。

mceclip1.png

Get SubstanceからAsync Renderingを接続します。

 mceclip2.png

ここまでの設定ができたらコンパイルをクリックします。

mceclip3.png

次に保存をクリックします。

mceclip4.png

現在のRust設定は有効

mceclip5.png

Blueprintではオフに設定を変更します。

mceclip6.png

作成したBlueprintをビューポートにドラッグします。

mceclip7.png

再生をクリックすると

mceclip8.png

Rustがオフになりました。
最初にRustがオフで、Blueprintでオンに変更することもできます。

mceclip9.png

更に他のパラメーターも設定してみます。

Get SubstanceからSet Input Floatに接続します。

mceclip10.png

Identifierにパラメーター名を設定します。

mceclip11.png

Input ValuesにMake Arrayを接続します。

mceclip12.png

設定したい数値を入力します。

mceclip13.png

Set Input BoolからSet Input Floatに接続し、Set Input FloatからAsync Renderingに接続します。

mceclip14.png

コンパイル、保存の順にクリックします。

mceclip15.png

 

再生すると、BooleanとFloatが設定されたことがわかります。

mceclip16.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ