Created on | Updated on
フォローする

Houdini Engine for Unreal - Version 2

原文 https://www.sidefx.com/forum/topic/67922/

プラグインバージョン2の作業を開始したことを皆さんにお知らせできてうれしいです。
Unityプラグインバージョン2で行ったことと同様に、プラグインのコアを大幅に書き直し、新しい機能をより簡単に追加し、プラグインの全体的なパフォーマンスと安定性を向上できるようにします。

V2のプラグインに追加する予定の主要な新機能の一部を以下に示します。

-プラグインのコアアーキテクチャを更新し、HAPI /クッキングロジックをサードモジュールに移動することにより、安定性を向上させ、ランタイムモジュールを軽量化します。
これにより、ゲームをパッケージ化/出荷する際にHoudiniアセットをベイクアウトする必要がなくなります。

-ブループリントのサポート。Houdiniアセットをブループリントに埋め込み、ツールを簡単に組み合わせたりプリセットしたりできます。

-PDG Assetリンク。これにより、UnrealでPDGおよびTOPのパワーに完全にアクセスできます。

プラグインのUX / UIを強化し、プラグインで現在設定されているワークフローを改善することも計画しています。 計画されているいくつかの改善点は次のとおりです。

-配置されたHDAを編集する際のプラグインの反応性を改善するために、メッシュ作成時間を短縮します。

-より広い汎用UPropertyアトリビュートのサポート。

-レベル間でHDAをシームレスに移動する機能。

-ワールド合成のサポート。

バージョン2は既存のすべてのワークフローをサポートするようにする予定です。 プラグインのバージョン1用に作成されたHDAは、変更することなくバージョン2でも機能し、プラグインのバージョン1で使用した場合と同様の結果をもたらすことになるでしょう。

ただし、プラグインのコアに対して行う予定の変更量のため、現在、バージョン1との下位互換性をサポートする予定はありません。
つまり、プラグインのバージョン2にアップグレードするには、Unrealに配置されたすべてのHDAを再インポートして再作成する必要がある可能性が高いということです。

現在、年末までにプラグインの新しいバージョンのパブリックベータを公開する予定です。 バージョン2がリリースされるまで、バージョン1のサポートを継続しますが、主なバグ修正とUE4の今後のバージョンのサポートに主に焦点を当てます。

過去数年間で最もリクエストの多かった機能のリストを既にまとめましたが、プラグインのバージョン2の作業中にそれらを考慮に入れることができるように、お持ちの機能のリクエストやニーズを私たちと共有する良い機会になるでしょう。

ありがとうございます。

詳細はSideFXフォーラムをご確認下さい。
https://www.sidefx.com/forum/topic/67922/