Created on | Updated on

Nuke 11.3v5リリースノート

Nuke 11.3v5でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

  • macOS Sierra (10.13) or macOS High Sierra (10.14)
  • Windows 7 or Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 6 or CentOS 7 (64-bit)

新機能

このリリースには新機能はありません。

機能強化

このリリースには機能強化はありません。

バグ修正

•BUG ID 158765 - DeepRecolor:ターゲット入力を有効にすることで、フラット化されたディープチャンネルのアルファチャンネル影響を受けません。
•BUG ID 242922 - タイムライン編集:ビューアで複数のトラックを含むシーケンスでスリップツールを使用すると時折、Nuke Studioが応答しなくなることがありました。
•BUG ID 335191 - 読み取り/書き込み:[Write]ノードの[プロパティ]の[詳細設定]> [Write nclc]コントロールパネルは、Apple ProRes 4444コーデックを使用して書かれた.movファイルで期待通りには動きませんでした。
•BUG ID 336130 - セカンドモニタのフルスクリーンモードのビューアインタフェースが応答しなくなりました。
•BUG ID 347416 - Deep:標準のWriteノードを使用してDeepデータを含む出力を書き込むとNukeがクラッシュする。
•BUG ID 349303 - Text:テキストの不透明度を変更すると、出力が左にシフトして作成されましたビューアのアーティファクト。
•BUG ID 350840 - Linuxのみ:ノードグラフのラベルが特定のズームレベルで読めなくなりました。
•BUG ID 362521 - Roto/RotoPaint:[プロパティ]パネルでBスプラインの張力を調整するためのツールチップボタンが正しくありませんでした。
•BUG ID 369379 - Windowsのみ:を使用して3Dビューアウィンドウ外の点を選択しようとしています。楕円選択ツールでNukeがクラッシュしました。

 

上記以外の情報はNuke11.3v5リリースノートをご参照ください。
Nuke 11.3v5リリースノート

Nukeの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/nuke/download

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ