Created on | Updated on

FumeFX 5.0.4 for Maya リリースのお知らせ

FumeFX504-3dsMax-inblog.jpg

2019年7月29日 - Sitni Sati社はAutodesk Maya用のアップデートバージョンである用のFumeFX 5.0.4をリリースしました。このアップデートには、アーティストが単一のビューポートですべてのFumeFXグリッドを表示できるようにするGPU Viewport Multiviewオプションの機能が含まれています。FumeFX 5のリリースでは、シミュレーションコア全体に多くの変更と改良があり、以前のバージョンと比較すると必然的に全く異なるシミュレーション結果がもたらされています。新しく追加されたFumeFX 4ソルバーを使用するオプションによりユーザーはFumeFX 5の機能の利点を以ってFumeFX 4と比較して同様の結果を得ることが可能になります。また、FumeFX 5.0.4ではタービュランスノイズのためのコントロールと更新されたプレビューが追加され、新しいAffect Velocity Magnitude Modeも追加されました。もう一つの大きな追加機能はパラメータチェックダイアログという機能で、ユーザーがどのシミュレーションパラメーターがデフォルト値から変更されたかをすばやく判断することが出来るようになります。

 

ViewPort

  • GPUビューポートのマルチビューを追加

 

User Interface

  • FumeFX Tubulence Noise Previewにラスタライズモードを追加しました。
  • FumeFX UtilitiesのメニューにReview Attributesオプションを追加しました。
  • Default Vorticity IIの値を変更。新しいデフォルト値はStrengthが0.9でVortices Scaleが0.01です。

 

Simulation

  • FumeFX Windオブジェクトを追加しました。
  • FumeFX 4ソルバーオプションを追加しました。
  • タービュランスノイズにAffect Velocity Magnitude Modeを追加しました。
  • タービュランスノイズにSmall Detail Scaleパラメータを追加しました。
  • タービュランスノイズにSmall Detail Amountパラメータを追加しました。
  • 保守的移流とサブステップを持つVDBファイルが正しくリタイミングされなかった問題を修正。

 


FumeFX 5.0.4 Velocity Magnitude Mode

 

Rendering

  • Arnold Smoke opacityが今までの20倍に修正。
  • Arnold shader falloffが機能しなかった問題の修正。
  • シーン内にFumeFXグリッドが2つ以上ある場合にArnoldレンダラーがハングする原因となるバグを修正。

 

本ページは下記ページを翻訳したものになります。

https://www.afterworks.com/blog/FumeFX504-Maya-Release.asp

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ