Created on | Updated on
フォローする

Deadlineスケジューラーノードのパラメーター

原文:
https://www.sidefx.com/forum/topic/62237/?page=1#post-276763

使いやすさを向上させ、より高い柔軟性を提供するために、TOPsのDeadlineスケジューラノードはHoudini 17.5.216(今日のデイリービルド)でparmインタフェースの再設計を行いました。

始めにScheduler Parmsは赤で概説されている変更に関して説明します。

dl_scheduler_parms.png

作業ディレクトリ(ジョブのすべての中間ファイルと生成ファイルの場所)セクションでは、ローカルルートパス、ファームルートパス、およびRelative Job Directoryを指定できます。

ほとんどのユーザーは、ローカルマシンと同じマウントパスを使用するすべてのファームマシンを使用しているようですので、改良されたparmインターフェイスでは、デフォルトでファーム上のすべてのマシンにローカルルートパスを使用します。切り替えによって、異なる値を提供するためにFarm Root Pathを無効にすることができます(例:異なるマウントポイントを持つファームやクロスプラットフォームマシン)。これはリテラルパス、またはDeadline Repository ConfigurationのMapped Pathを介してマップできる別の変数($ PDG_DIRなど)にすることができます。

Relative Job Directoryは、上記の両方のルートパスに追加されます。 これは、その特定のDeadlineスケジューラーノードを使用して実行されるすべてのワークアイテムによって使用される親ディレクトリーです。 デフォルトではヒップファイル名を使用します。

次に、Job Parmsの変更点も赤で囲まれています。

dl_job_parms.png

新しいPathsセクションでは、HythonとPythonのパスを上書きできます。 これらのデフォルトはそれぞれ$ HFS / bin / hythonと$ HFS / bin / pythonで、DeadlineのRepository ConfigurationのMapped Pathsを通して$ HFSをマップするようにファームマシンに要求します。 Windowsでは、.exe拡張子を追加する必要があります。

2つの異なるバージョンのHoudiniを使用したDeadlineマッピングパスの例:

dl_mapped_paths.png

すべてのファームマシンが同じ場合、もっと簡単な方法は、パスをスケジューラのノードパラメータインタフェースに直接設定することです。

dl_parm_paths.png

最後に、Job FileとPlugin FileのKey-Valueは、以前のKey-Valueのdict parm型の代わりにmultiparm型を使用するように変更されました。 これはいくつかの制限を回避して出荷されている他のスケジューラノードと一致させます。 これらのキー値エントリは、Deadlineを介してジョブをスケジュールするために生成されたジョブファイルおよびプラグインファイルに書き出されます。

これらの変更はあなたのヒップファイルにDeadlineスケジューラノードを作り直すか、少なくともインターフェースを元に戻すことを必要とするでしょう。 また、Deadlineスケジューラでスケジューラのジョブパラメータオーバーライドを使用している場合は、ノードを再作成するかインタフェースを元に戻す必要があります。