Created on | Updated on
フォローする

Windows 10でFoundry License Utility(FLU)7.3v1がDiagnosticsFileを保存するとクラッシュする

現象

Foundry License Utility(FLU)7.3v1の最新リリースは、DiagnosticsFile(診断ファイル)を保存するときにWindows 10だとクラッシュします。Windows 7または他のプラットフォームでDiagnosticsFileを保存するときにクラッシュすることはありません。

対策

この問題にはいくつかの回避策があります。
 
コマンドプロンプトからFLUを実行する

コマンドプロンプトで-d引数を指定してFoundry License Utilityを実行すると、診断ファイル(DiagnosticsFile)を生成して保存することができます。コマンドプロンプトを開き、FLUを保存した場所に移動し、次のコマンドを実行します。

FLU_7.3v1_win-x86-release-64.exe -d

ライセンス診断ファイル(DiagnosticsFile)を保存するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、 "Y"を入力してデフォルトファイル名に保存します。
 
あるいは、-fと指定されたファイル名を付け加えて、指定されたファイル名に対して診断プログラムを書き出すようにすることもできます

FLU_7.3v1_win-x86-release-64.exe -d  -f diagnosticFile.log


手動で診断情報をコピー&ペーストする
 
正常に診断情報を生成する:
  1. FLUを右クリックし、[管理者として実行]を選択します。
  2. [Diagnostics]タブに移動し、[RunDiagnostics]をクリックします。
[保存]をクリックする代わりに、診断ウィンドウをクリックしてCtrl + Aキーを押し、次にCtrl + Cキーを押して情報をコピーします。これをプレーンテキストファイルとして保存し、サポートチケットを作成するときに添付ファイルとして送信してください。

Foundryポータルサイトから原文を確認できます。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。