Created on | Updated on
フォローする

Nuke 11.3v4リリースノート

Nuke 11.3v4でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

  • macOS Sierra (10.13) or macOS High Sierra (10.14)
  • Windows 7 or Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 6 or CentOS 7 (64-bit)

新機能

このリリースには新機能はありません。

機能強化

Deep

DeepHoldoutノードとDeepMergeノードには、現在、計算されたサンプルコントロールが含まれています。 有効にすると、mainからのサンプルの値はそれらの前にあるホールドアウトサンプルのオクルージョン値の影響を受けます。 無効にすると、ホールドアウトオクルージョンは無視されます。

For example:

__________2019-06-27_11.27.11.png

M = main sample

H = holdout sample

前にホールドアウトサンプルがないため、M0は変更されません。 M2はH0、H1、およびH2ホールドアウトサンプルの組み合わせの影響を受け、M4はすべてのホールドアウトサンプルの影響を受けます。
さらに、DeepMergeのドロップゼロしきい値コントロールがDeepHoldoutに含まれるようになりました。
浮動小数点の不正確さに起因するものなど、アルファ値がこのしきい値を下回るサンプルを除外します。


Nuke 11.3の新しい既知の問題
•BUG ID 376534 -
タイムラインマルチビュー:タイムラインビューアOpenGLステレオモードの間で切り替えると、再生が一時停止します。 再生を再開するには、再生を押します。
•BUG ID 366048 - Linuxのみ:
重いパーティクルシミュレーションでは、OSが応答しないというエラーダイアログが表示されることがあります。

上記以外の情報はNuke11.3v4リリースノートをご参照ください。
Nuke 11.3v4リリースノート

Nukeの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/nuke/download