Created on | Updated on
フォローする

カーブの長さにそったUVを設定する

カーブに沿ってのびる道のUVを作成します。

001


ぱっとUVをみると、タイル可能テクスチャを割り当てても全く良い結果はでなそうです。

UV Coordinateを作成する、UV TextureノードでUVのScaleに対して、カーブの長さをとってきて、それを適用するためにarclenを使用します。

arclen(surface_node , prim_num , ustart , ustop )

002


これで、UVの縦横比がきっちり保てるようになりました。

カーブの形を後から変えても

006


カーブの長さを変えても

010


UVがカーブの長さを元にUVスケールを決めているので、壊れることはありません。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。