Created on | Updated on

HQueue + TOPs +Substance Automation Tool kitでテクスチャをベイクする!

このチュートリアルを行うには、下記のチュートリアルを先にご一読ください。

PDGを使用して複数のオブジェクトに対して、テクスチャベイクをまとめて実行する

HQueue+TOPs = 複数のテクスチャベイク処理を複数マシンで一気にベイク!

現時点では、Substance Automation Tool kitをHoudiniから実行するTOPsノードは提供されていません。
そのため、Orboltで共有されていた下記のHDAを使用して試してみました。

https://www.orbolt.com/asset/ophi::sbs_uber_baker::1.0

Substance Automation Tool Kitに関してはこちら

 

※各クライアントPCにHDAをインストールしておくことをお忘れなく!

※HDA内にSubstance Automation Tool kitの実行ファイルはありません。別途、Substance Automation Tool kitの契約が別途必要です。

SOP内にRop netを作成し、インストールしたHDAから必要なベイク機能を作成します。

ここでは、CurvatureとAOを使用します。

mceclip0.png

 

下記では、sbs_curvatureのプロパティを元にご紹介いたします。

mceclip1.png

 

Executableでは、SATのsbsbaker.exeのディレクトリを指定します。つまり、全ての実行ファイルが同じ場所にインストールされている必要があります。

Input Geometryはベイクに使用するFBXを指定します。既に、自動UVで展開しなおしたジオメトリファイルをFBXとして出力するという処理を行っているため、その出力したFBXをワークアイテムごとに指定します。

Output Fileは、ベイクしたテクスチャの出力先ディレクトリです。

Output Nameは、実際に出力されるテクスチャ名ですが、ここはFBXのファイル名が入ります。

設定が終わったら、TOPsに移動します。

使用したHDAはBakerごとにノードが分かれているため、それぞれ実行するROP Fetchを作成します。

Top.png

ROP FetchのROP pathで、Baker HDAを指定します。

mceclip2.png

設定が終わったら、Cook開始!!

mceclip3.png

 

クライアントPCを利用して、どんどんジオメトリが生成され、テクスチャがベイクされていきます!

mceclip4.png

 

Substance Automation Tool kitのBake機能を使用して、きれいにベイクできました!!

mceclip6.png

Houdiniのベイク機能より正直綺麗にベイクできるかもしれません。(特にCurvature・・)
下記はMantraでベイクしたものです。

mceclip5.png

Curavatureマップ比較

001.png

そしてベイク時間!!!!!

条件は同じですが、1台CPUが貧弱なPCなので、そこに降られたMantraジョブが遅くて、ベイク時間にかなり差がでました。

1分7秒と9分39秒!!!

ベイクは両方ともAOとCuravatureを2Kでベイクしています。

mceclip7.png

赤線のPCのベイクにめちゃくちゃ時間がかかる。

mceclip8.png

SATは、AOとCuravatureを分けてベイクしていますがそれほどPCでの時間が変わらずベイクされています。
2つのベイク処理を足して、1分で終わってるのでその高速ぶりに目を見張ります。

mceclip9.png

mceclip10.png

 

PDGにSubstance Automation Tool kitの純正ノードが早くできると嬉しいですね!

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ