Created on | Updated on
フォローする

Houdini Game Dev Tools | MAPS BAKER

原文:https://www.sidefx.com/tutorials/game-tools-maps-baker/

001.PNG

 

Maps Baker HDAを使用すると、カスタムアトリビュート、テクスチャの再投影、または生成のいずれかを使用して、テクスチャマップをすばやくベイク可能です。 ツールに低ポリメッシュと高ポリメッシュを用意し、一方から他方へベイクします。 このツールは他のソリューションと似た軽量のベーキングソリューションですが、代わりにVEXを使用してCOPで完全に記述されています。 非常に高速です。 例で使用されているMesh + Materialは、Quixel Megascansの所有物です。 https://quixel.com/assets/tdlhad1da

 

mapsbaker_img_03.png

Transfer Maps(マップ転送)

Maps Bakerの主な機能の1つは、あるメッシュから別のメッシュへのテクスチャの再投影を実行することです。 組み込みマップは、拡散、法線、不透明度、粗さ、メタリックです。 現在のところ、このツールはprincipledshader :: 2.0またはGameDev QuickMatに基づいたマテリアルのみをサポートしています。

Generate Maps(マップ生成)

このツールは、ジオメトリに格納されている純粋なデータから新しいマップを生成することもできます。 頂点カラー、AO、WorldNormal、Height、Alpha、Positionなどのマップが可能です。既に述べたマップだけではなく、Custom Attributes multiparmを使用して非常に簡単に拡張することもできます。好きなだけカスタムチャンネルを含めることができます。 詳細設定タブでは、AOなどの設定を微調整できます。

mapsbaker_img_04.png

速度!!! カスタマイズ性

マップベイカーは一般的なベイクソリューションではありません。 このツールはVEXを介してCOPに完全に実装されているため、非常に高速です。また、非常に簡単なカスタマイズも可能です。 たとえば、常に頂点カラーにAOを乗算したい場合は、2つのノードをワイヤリングするだけで済みます。