Created on | Updated on

Command Line Tools

Substance Automation Toolkitには、Substance Designerワークフローのさまざまな段階を自動化できる一連のコマンドラインツールが含まれています。 完全なワークフローでは通常、タスクを実行するために複数のツールがチェーンで呼び出されます。

利用可能なコマンドは次のとおりです。

  • sbsbaker  アンビエントオクルージョンや法線データなどのメッシュ固有のデータをテクスチャに焼き付けます。
  • sbscooker   sbsrenderでレンダリングする準備ができた.sbsファイルを.sbsarファイルをクックします。
  • sbsmutator    .sbsファイルを変更および特殊化します。
  • sbsrender  .sbsarファイルからマップをレンダリングします。
  • sbsupdater  .sbsファイルを現在のバージョンのバッチツールに更新します。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ