Created on | Updated on
フォローする

Substance Automation Tool kitとは

Substance Automation Toolkitは、Substanceベースのタスクを自動化するための機能を提供します。

2つの主要コンポーネントがあります。

  • コマンドラインツール - これらは、メッシュのマップをベイク処理したり、Substanceを簡単に修正したり、Substanceアーカイブを作成したり、マップをレンダリングしたりするための一連のコマンドラインツールです。
  • Pysbs - Python API、Python APIは、複数のSubstanceからの合成マテリアル組み立てやファイル内のノードのバッチ名の変更など、sbsファイルを読み込んで変更するためのpythonパッケージです。
    インストールおよびセットアップ手順はこちらから入手できます。 このパッケージには、作業を開始するためのガイドとなる一連のサンプルプロジェクトが含まれています。

これら2つのパッケージを組み合わせることで、ルールに基づいて大量のアセット用マップを生成するタスクを完全に自動化し、Substance関連タスク用の独自のツールを構築することができます。

ツールはWindows、Mac、Linuxで利用可能です