Created on | Updated on

Substance Painter 2019.Xリリースノート

Version 2019.1

 

Substance Painter 2019.1はその既存の機能を拡張し、また新しいアーティスト向けツールを紹介します。 このリリースでは、多くの新しいコンテンツの配信にも焦点が当てられています。

 

発売日:2019年4月23日

 

主な機能

 

ダイナミックストローク

 

001.gif

 

今回のリリースでは、ブラシエンジンがDynamic Strokesと呼ばれるものをサポートするようになりました。 これらの種類のストロークは、その場で新しいSubstanceバージョンを生成することで、バリエーションと新しい効果を生み出します。 アセットに新しいブラシストロークごとに新しいSubstanceマテリアルまたはアルファをペイントすることが可能になりました。アセット上で新しいブラシストロークごとに新しいSubstanceマテリアルまたはアルファをペイントすることが可能になりました。

 

ダイナミックストローク対応のリソースが[Paint]ツール(Paint, Eraser, Smudge, Clone)に読み込まれると、新しいパラメータグループが表示されます。

 

002.png

 

ダイナミックストロークは、次のプロパティをサポートします(Substanceグラフに表示されている場合)。

 

  • Stamp Index : ID /ストローク内のスタンプの番号
  • Random Seed : スタンプごとまたはストロークごとに変更できます。
  • Time : ブラシストロークの経過時間、速くても遅くても、異なる結果が得られます。

 

Stamp Indexは、他に2つのパラメータがあります。

 

  • Stamp Start : From Beginning(常に0からインデックスを開始)または From Random Index(0とスタンプサイクル数で定義された最大値の間のランダムな位置を選択します)。
  • Stamp Cycle Count : このパラメータは、生成されるSubstanceバリエーションの合計量を定義します。 パフォーマンスを最適化するために、このパラメータは制限として機能します。 Substance Painterはそれを使用して、何か新しいものを作成するのではなく、すでに生成されたものをリサイクルします。

 

この新機能と互換性のあるリソースを見つけるには、シェルフをブラウズして、それらの隣に新しいアイコンがあるかを確認するだけです。

 

shelf_icon.png

 

この機能と互換性のあるリソースには、Shelfのキーワードで簡単にフィルタできるように、 "dynamicstroke"という名前の新しいタグも自動的に追加されます。

 

楽しむことができるようにたくさんの新しいツールプリセットを追加しました:

 

tools_presets.jpg

 

この機能(およびそのパフォーマンスへの影響)についてもっと知りたい場合は、専用のドキュメントをご確認ください。

 

ディスプレイスメントとテッセレーション

 

displacement_demo.gif

 

Substance Painterは、リアルタイムビューポートとIrayの両方で、ディスプレイスメントとテッセレーションをサポートします。 どちらもシェーダパラメータの下にあるShader Settingsウィンドウで制御できます。

 

disp_settings.png

 

  • Source Channel :メッシュ変形の基準となるチャンネル。 デフォルトはHeightですが、Displacementにも設定できます。
  • Scale : プロジェクト内のメッシュに適用される変形量を制御します。

 

tesselation_settings.png

 

  • Subdivision Mode : Uniform(均一)またはEdge Length(エッジの長さ)。細分割の量を計算する方法を決定します。
  • Subdivision Count : (Uniformモード) 1から32。高い値を設定するとより多くのポリゴンが生成され、詳細が表示されますがパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  • Max Length : ( Edge Lengthモード) 1 /値 。各セグメントがこの数以下になるまで、すべてのポリゴンエッジが分割されます。1/ 1がシーンのサイズです。

 

"File> Load Sample"で "Tiling Material"サンプルプロジェクトをロードして、この新機能を試してみてください。

 

height_sculp.gif

 

cracks_demo.jpg

 

シェルフに "Height To Normal"という名前の新しいフィルタが追加されました。これは最終的なノーマルマップを取得するために使用できます(Substance Painterによるネイティブ変換が十分に強くない場合)。

 

 

 

マスク比較エフェクト

 

compare_mask.png

 

マテリアルを作成してブレンドするのは少し難しい場合があります。そのため、 "Compare Mask"という名前の新しいエフェクトを作成しました。 このエフェクトにより、2つのチャンネルをすばやく簡単に比較し、結果としてマスクを作成することができます。

 

マスク比較エフェクトには、次の特性があります。

 

  • Channel : マスクを作成するためにソースとターゲットを比較するためのチャネル。
  • Compare : ここでは、マスクの計算方法を選択するための3つのパラメータを使用できます。 真ん中のドロップダウンは、比較演算を定義します(より小さい、許容誤差内、より大きい)。
  • Constant : 比較設定が "constant"に設定されている場合に比較する値。
  • Hardness : 得られたマスク比較の滑らかさ/硬さを制御します。
  • Histogram : ソースとターゲットのヒストグラム表示を提供します。 少し重なっているかどうかを知るのに便利です(重ならない場合はマスクは空になります)。

 

compare_mode.png

 

設定をさらに簡単にするには、レイヤーを右クリックしてショートカット「"Add mask with height combination」を選択し、この新しいマスクをすばやくレイヤーに追加します。 このショートカットは、Heightチャンネルブレンドモードをデフォルトの "Linear Dodge(Add)"の代わりに "Normal"に切り替えます。

 

compare_shortcut.png

 

 

 

放射状シンメトリ

 

radial_demo.gif

 

シンメトリツールの機能を拡張して放射状シンメトリができるようになりました。 これを有効にする対称設定メニューに新しいモードが追加されました(コンテキストツールバーで利用可能)。

 

以下の設定が可能です。

 

  • X / Y / Z : 放射状シンメトリによって使用される対称軸の方向を制御します。
  • Count : 複製するポイントの数
  • Angle Span : オリジナルから複製したポイントの位置。 この設定は、一周または四分の一などにするために使用できます。

 

また、ペイントを開始する前に設定を簡単に調整できるように、ちょっとしたプレビューを追加しました

 

radial_settings.png

 

 

 

新しい塗りつぶしレイヤーの投影モード

 

fill_proj.jpg

 

塗りつぶしレイヤーと塗りつぶしエフェクトを使用して、平面モードと球形モードという2つの新しい投影モードが追加されました。 3Dプロジェクションの動作をさらに制御するために、多くの新しいパラメータも追加しました。

 

  • 新しい平面投影モード
    この新しいモードで平面の投影が可能になりました。 車両にストライプを作成したり、特定の場所にデカールを配置するのに便利です。
    planar_proj.png
  • 平面投影用サーフェスツール
    平面投影を操作しやすくするために、ショートカット「Shift + W」でアクセスできるSurface Toolと呼ばれる3Dマニピュレータ用の新しいコントロールも追加しました。 また、コンテキストツールバーからもアクセスできます。 この新しいモードは平面投影でのみ利用可能です。

    surface_tool_toolbar.png
    surface_tool_optim.gif
  • 平面投影カリング/フェーディング
    平面投影を連続的または有限のいずれかにするために複数の設定が可能です。 カリング設定が有効になっている場合、マニピュレータの周囲の点線のボックスは投影の境界ボックスを示し、中央の線は投影の開始位置です。 投影を拡大縮小すると、投影距離とフェードインの開始を制御できます。

    planar_culling.gif
    planar_fade_optim.gif
  • 新しい球面投影モード
    球面投影は新しく追加されたSpherecal モードで実行可能です。 このオプションを使用すると、高度なパターンを達成したり、より簡単に曲面に従うことができます。
    mceclip0.png
  • 新しいShape Crop 設定
    3D投影には、投影の繰り返しを制御する設定があります。 たとえば、手動でマスキングしなくても特定のエリアだけを繰り返すデカールに非常に便利です
    shape_crop_toggle.gif
  • 既存設定の移動と名前変更
    これらの新しい投影機能のために  複数の設定がどのように機能するかを少し修正しました。 例えば、 "Tiling"は "UV Wrap"という名前に変更されました。 タイリングは、垂直方向または水平方向にのみ設定できます。 スケール、回転、オフセットは、投影モード間でより一貫性を持たせるために、「UV変換」という名前の新しいパラメータグループの一部になりました。
    mceclip1.png
  • 回転マニピュレータ全軸モードの改善
    明示的な球を描画せず、下のテクスチャを隠さないように表示されません。 軸の間をクリックすると、一度にすべての軸を回転させることができる球が選択されます。
    manip_rotation_optim.gif

 

さまざまな改良

 

txtset_resolution_optim.gif

 

  • テクスチャセットの複数選択
    Texture Set設定で解像度を一度に変更するために複数のTexture Setを選択することが可能です。
    複数選択モードでは、まだ「メイン」テクスチャセットの概念があり、これにより追加の要素が灰色で選択されます。 現在の選択を維持しながら別のテクスチャセットに切り替える必要がある場合は、マウスの中央ボタンを使用してそれを実行できます。
  • テクスチャセットリストのクイック表示/非表示
    クリッックドラッグすることで(レイヤースタック内など)、テクスチャセットを表示または非表示にすることができます。
    hide_txtset_optim.gif
  • レイヤースタックのための改善されたUI
    レイヤの非表示/表示状態のアイコンをより一貫性があり理解しやすいように変更しました。 また、選択したレイヤーの表示方法を、それらの効果や他のレイヤーの選択と比較しやすいように変更しました。
    layer_stack_selection_ui.gif
  • 現在の選択に基づく新しいエフェクト位置
    レイヤーに追加された新しいエフェクトは、現在選択されているもののすぐ上に配置されます。
    filter_insert.gif
  • マテリアルチャンネルボタンの素早い切り替え
    隔離するためにALTキーを押しながら、チャンネルボタンをクリックすることができます。 もう一度クリックすると、すべてのチャンネル表示に戻ります。
    channels_toggle.gif
  • エクスポート時のディザリング
    ディザリングは、ファイルフォーマットとビット深度の隣にあるエクスポートウィンドウの専用設定で無効にできるようになりました。 ディザリングを適用する方法とタイミングについての詳細は、エクスポートのドキュメントを参照してください。
    mceclip2.png
  • より良いヒストグラム
    ヒストグラムジェネレータを作り直しました。 ヒストグラムは、より正確な情報を表示し、レイヤースタックの変更後に正しく更新されるはずです。
    histogram.png
  • レイヤーのより良いインスタンス化
    インスタンス化されたレイヤーは、デフォルトのブレンドモードではなく、ブレンドモードがに設定されます。 このブレンディングモードは、レイヤーが複数のテクスチャセットにまたがってインスタンス化されている場合の一部のエフェクトの互換性を向上させます。

 

新しいコンテンツ

 

shelf_alphas.png

 

今回のリリースでは、プリセットやアルファ、さらに強力なフィルタまで、多くの新しいコンテンツも追加されました。

 

  • 新しいブラシとツールのプリセット
    このリリースでは新しいダイナミックストローク機能が導入されました。それに伴い、使用可能なブラシとツールのプリセットがいくつか追加されました。
    • 10 個の新ブラシプリセット :
      • Ink Dirty
      • Ink Random
      • Leaf Curved Heavy
      • Leaf Curved
      • Leaf Messy
      • Leaf Simple
      • Leaf Swirl
      • Zigzag Long
      • Zigzag Short
      • Zigzag Step
    • 11個のあたらしいツールプリセット :
      • Autumn Leaves
      • Cracks
      • Footprints
      • Gradient Hue
      • Nail
      • Pebbles
      • Scratches
      • Spray Colored
      • Spray Skin Light
      • Spray Skin Red
      • Zipper
  • 93個の新しいアルファ
    それらをすべてご紹介するには多すぎるので、Shelfの "Alphas"セクションをご確認下さい。たくさんの新しいArrow、Triangles、Signsや他の種類の形をご確認頂くことができます。
  • 13個の新しいフィルター
    この新しいバージョンにはたくさんの新しいフィルタがあります。これは多くの状況で非常に便利です。
    • Blur Slope : 新しいBlurフィルタがファミリーに追加されました。 このフィルタはワープフィルタと同じように機能します。ターゲットチャンネルをぼかすには、既存の入力またはカスタム入力を使用します。
    • Bevel :シェイプの周囲にグラデーションの境界線を作成します。たとえばマスクを拡張したい場合に便利です。

    • Color Match : このフィルタは、ソースカラーとターゲットカラーを一致させようとします。 素材の色を調整するのに便利です。

    • Gradient Curve : このフィルタは、グレースケール入力に適用して外観を変更できるカーブプリセットのリストを提供します。

    • Gradient Dynamic :グレースケール入力を新しい入力画像(グレースケールまたはカラー)で再マップします。
    • Height Adjust :このフィルタには、Heightチャンネルを簡単に操作するための2つの設定があります。オフセットと乗算です。

    • Height to Normal :このフィルタはHeightチャンネルをNormalに変換してNormalチャンネルに送ります。 必要性に応じて異なる強さコントロールを持ちます。

    • Mask Outline : このフィルタは、グレースケール入力の周囲に白と黒の境界線を作成します。 これはMaskで図形の周囲に境界線を作成するのに最も便利です。

    • PBR Validate :このフィルタを追加して、PBRマテリアルの色が正しい範囲にあることを確認します。 詳細についてはPBRガイドをチェックしてください。

    • MatFX Peeling Paint :剥がれ始めた古い塗料をシミュレートします。 このフィルタはアルファを出力するので、その下のマテリアルとブレンドするのが簡単になります。

    • MatFx Water Drops : オブジェクトのサーフェス上の水滴をシミュレートします。 雨上がりの車の上の水滴のような感じ。

  • 7 個の新しいジェネレーター
    今回のリリースで、いくつかの新しいジェネレータが追加されました。
    • Ambient Occlusion : アンビエントオクルージョンメッシュマップを制御するマスクジェネレータ。 マスクエディタに基づいています。

    • World Space Normals : ワールド空間法線メッシュマップを制御するマスクジェネレータ。 マスクエディタに基づいています。

    • Position : 位置メッシュマップを制御するマスクジェネレータ。 マスクエディタに基づいています。

    • Curvature : 曲率メッシュマップを制御するマスクジェネレータ。 マスクエディタに基づいています。

    • Auto Stitcher :UV境界、メッシュ曲率、またはカスタムマスク入力の周囲にステッチを作成するマスクジェネレータ。

    • UV Texel Density :メッシュのポリゴンテクセル密度に基づいて色付きのグラデーションを出力するヘルパー。

    • UV Random Color : UVアイランドごとに(またはカスタムグラデーション入力に基づいて)ランダムな色を生成します。

マスクエディタが更新され、以前のバージョンとの互換性がなくなりました。
プロジェクトでResource Updaterを使用して最新バージョンに切り替えると、調整が中断され、デフォルトにリセットされます。

  • 2 つの新しい環境マップ
    • Autumn Forest
    • Canopus Ground
      env_map.jpg
  • 5個の新しいプロシージャル
    • Gradient Hue
    • Gradient Builder
    • Color Jitter By Index
    • Color Jitter By Seed
    • Feather Stylized

チュートリアル

 

また、Substance Academyに関するダイナミックストロークの作成方法についてのチュートリアルもあります:Substance Painter用のカスタムダイナミックストロークの作成

Release Notes

 

2019.1.3

(Released July 01, 2019) 
Summary : Bugfix with 2 new features

 

Fixed :

 

  • "Follow path" does not work all the time
  • Channel mapping doesn't work with SBSAR used in single channel slots
  • [Layer Stack] Low performance when scrolling with hidden layers
  • [TextureSet] Crash when clicking between masks
  • [SVT] Displacement in not displayed properly and flickers in some cases
  • [Alembic] Crash with mesh using point normals instead of vertex normals
  • [Alembic][Log] Report error in Log if Alembic file is not supported during import

 


2019.1.2

(Released May 21, 2019) 
Summary : HotFix

 

Fixed :

 

  • Crash when selecting two resources with an image input

 


2019.1.1

(Released May 20, 2019) 
Summary : HotFix

 

Added :

 

  • Update to latest version of Substance Engine with last release of Substance Designer 2019.1

 

Fixed :

 

  • [Substance] Visible If is not taken into account for Input Images
  • [SVT][Engine] Changing texture set resolution leads to a crash in some cases
  • [Engine] Random black textures appear in some cases
  • [Layer Stack][UI] Toggling a mask with SHIFT can select multiple layers at the same time
  • [Layer Stack] Opacity has no effect on Paint effect with Pass-Through blending mode
  • [Layer Stack] Height To Normal filter input doesn't update properly with eraser brush stroke
  • [LayersStack] Crash when undoing the drop of a smart mask
  • Wireframe flickering with shadows and temporal anti aliasing activated
  • [Displacement] Lag on AMD with some heavy meshes
  • [Windows] Crash when opening some projects via the file explorer
  • [Histogram] Crash when removing mask with anchor point in some cases
  • Crash in preview generation in some rare cases
  • [Crash] Can not reopen a project using too many clone and smudge tools
  • No mesh displayed in material mode after saving in some cases
  • [Scripting] alg.mapexport.documentStructure() returns incorrect values for folders

 

Known Issue :

 

  • Double clicking texture set name will select it before entering renaming mode

 


2019.1

(Released April 23, 2019) 
Summary : Dynamic Stroke with dedicated new content, Displacement and Tessellation in real-time and Iray, Compare Mask effect, Radial symmetry, Planar and Spherical projection

 

Added :

 

  • [Tool] Dynamic stroke: Substance variation alongside a brush stroke
  • [Dynamic stroke] Expose new stamp index parameter with options
  • [Dynamic stroke] Take into account $time parameter
  • [Dynamic stroke] Generate new $randomseed parameter per stroke and per stamp
  • [Dynamic stroke] Start a dynamic stroke index from a random number
  • [Dynamic stroke][Shelf] Help finding a dynamic stroke resource with dedicated new icon
  • Displacement and tessellation in real-time viewport
  • Displacement and tessellation in Iray
  • [Shader settings][UI] New tab for controlling displacement and tessellation
  • [Layer stack] New CompareMask effect: generate a mask by comparing two channels
  • [Layer stack][UI] New entry in right-click menu "Add mask with height combination" to insert a CompareMask effect
  • [Symmetry] New symmetry mode: radial painting
  • [Symmetry settings] Expand both sections "Settings" and "Display"
  • [Symmetry settings][UI] Preview for radial painting
  • Expose two new projection modes: planar and spherical
  • [Proj] New shape crop mode for all projections
  • [Proj] Planar mode with new manipulator: Surface tool
  • [Proj][Shortcut] Shortcut SHIFT+W for Surface tool
  • [Proj] Planar projection masking with depth culling and backface culling
  • [Manipulator] Improvement of rotation manipulator on all three axes for triplanar
  • [Tool][UX] Alt-clicking on a channel focuses that channel (enables it or disables all others)
  • [Engine] Update to latest version of Substance Engine
  • [Texture set] Multiple selection and change resolution
  • [Texture set] Quick activation and deactivation of the texture sets
  • [Texture set] Combine solo and all options into a new menu
  • [Texture set][Layer stack] New icon for activation and deactivation
  • [Layer stack][UX] Insert effects above those already selected
  • [Layer stack][UI] Rework layer stack view selection style
  • [Layer Stack] Blending mode for instanced layers is now in Pass Through mode by default
  • [Export] Option to activate and deactivate dithering
  • [Plugin] Support precision modifier for sliders (SHIFT)
  • [Plugin][UI] New icon for autosave
  • [Scripting] List the contents of a folder
  • [Scripting] Allow deletion of files
  • [Scripting] Read all stack information including used resources
  • [Content][Dynamic stroke] New tools and brush presets
  • [Content][Dynamic stroke] Two new procedural gradients: Gradient Hue and Gradient Builder
  • [Content] 11 new Filters: MatFx Peeling Paint, MatFx Water Drops and more
  • [Content] 7 new generators: Auto Stitcher, UV Random Color, UV Texel Density and more
  • [Content] 93 new alphas: new texts, arrows and various other shapes
  • [Content] 2 new procedurals: Gradient Hue, Gradient Builder and more
  • [Content] 21 new Tool and Brush presets for Dynamic Strokes : Pebbles, Footprints, Spray and more
  • [Content] 2 New HDRis: Canopus Ground and Autumn Forest
  • [Content] Update content with random seed curation in shelf
  • [Content] New icon with exposed random seed parameter in shelf

 

Fixed :

 

  • [Layers stack] Layer stack keeps dragging forever
  • [Mac] "Show in Finder" can lead to freezing
  • [Scripting] Settings saved via Custom UI are lost if shader file is moved
  • [Scripting] API version number is incorrect and not up to date
  • [Effect] Histogram content is not displayed correctly
  • [Effect] Histogram effect does not update in some cases
  • [Shelf] Stitches are not properly aligned on material "Plastic Fabric Pyramid"

 

Known Issue :

 

  • Double clicking texture set name will select it before entering renaming mode
  • [Layer Stack][UI] Toggling a mask with SHIFT can select multiple layers at the same time

 

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ