Created on | Updated on
フォローする

Substance Painter用環境変数

Substance Painterは、ソフトウェアのデフォルトの動作を変更するために使用できるいくつかの環境変数をサポートしています。

Variable Description

SUBSTANCE_PAINTER_LICENSE

値 : ライセンスファイル自体への直接パス。

ライセンスファイルのデフォルトの場所を上書きすることを許可します。 例:ライセンスファイルがH:/allegorithmic/licenses/substance_painter.keyにある場合、変数データは "H:/allegorithmic/licenses/substance_painter.key"になります。

2017.1.0より前のバージョンの場合は、代わりにSUBSTANCE_PAINTER_2_LICENSEを使用してください。

ALLEGO_LICENSE_IDLE_DELAY

値:7200

マルチユーザー構成の場合にライセンスシートを解放するまでの秒数を指定します。 デフォルトは2時間(7200秒)です。

ALG_PAINTER_SKIP_CHECK_FOR_UPDATES

値:0または1(1 =アップデートチェックを無効にする)

アプリケーションの起動時にアップデートチェックをスキップすることを許可します。

Substance Painter 2018.2.2以降でサポートされています。

SUBSTANCE_PAINTER_SVT_HARDWARE_ACCELERATION

値:0または1(1 =有効)

GPUの機能を使用。 GPUまたはオペレーティングシステムでサポートされていない場合、設定は無視されます。
互換性のあるハードウェア構成については、ドキュメントを参照してください。スパース仮想テクスチャ

この変数は、設定ウィンドウで利用可能なパラメータを上書きします。

Substance Painter 2018.3.0からサポートされています。

 
SUBSTANCE_PAINTER_TEMP_LOCATION

値=フォルダへの直接パス

Substance Painterがその一時ファイル(SVTキャッシュを含む)を書き込む場所を定義します。

この変数は、Settingsウィンドウで利用可能なパラメータを上書きします。

Substance Painter 2018.3.0からサポートされています。