Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.5.52リリースノート

Release notes
* [Max]  ‘State’ ノードをサポート
* [Maya] プロキシノードの 'Material Mode'と 'Display Mode'をチャンネルボックスに表示
* [Maya]Redshift RVのアナモフィック(ピクセルアスペクト!= 1)画像をレンダリングするときのカメラ設定のトランスレーションにおけるバグを修正
* [C4D] インスタンス単位のユーザーデータサポートが追加
* [C4D] Optionsメニューから利用可能なGraphEditorにExperimental Auto-Optimize Nodeオプションを追加
* [C4D]ShaderGraphでのノードの自動カラーリングをサポート
* [C4D] 特定の条件の下でIPR中にクラッシュする問題を修正
* [C4D] 特定の条件下でIPRがシーンの変化を検出しない問題を修正
* [C4D] 不足しているマテリアル参照があるテクスチャタグの解釈での問題を修正
* [C4D] 一部のプラグインウィンドウが特定の条件下で展開されたときに正しく動作しない問題を修正
* [Houdini] カスタムAOVの新しいオプション.EXRファイルまたはレイヤーデータタイプを設定
* [Houdini] レンダリングに有効なGPUの不足をGUIで報告されるか、GUI以外のツールで強制的に終了(EXIT_GENERIC_ERROR)
* [Houdini] /mat コンテキストからマテリアルとして直接使用する場合、Material、SSS、Skin、CarPaint、Incandescent、Hair VOPsの主なパラメータをビューポートでサポート
* [Houdini] Redshiftエラー/警告をROPノードに報告しないようにする新しいオプション
* [Houdini]RSRenderViewペインでコンソールに報告されたSyntaxWarningメッセージを修正
* [Houdini] IPRを停止した状態でRSRenderViewペインのレンダー領域ボタンをクリックした後に発生するクラッシュを修正
* [Houdini] レンダリング領域またはバケットモードを切り替えた後、開始ボタンをクリックしたときに発生するRSRenderViewのクラッシュを修正
* [Houdini] 現在のフレームを変更した後、RSRenderViewペインでにシーンを再ロードする際に発生するクラッシュを修正
* [Houdini]直接「Surface」マテリアル入力への複数出力をもつRS VOPノードの壊れた接続を修正
* [Houdini] 開始/停止ボタンまたは更新ボタンをクリックした後、RSRenderViewがシェーダーノードを更新する際に発生するクラッシュを修正
* [Houdini] Linuxでのマルチスレッド抽出コードの安定性を改善するための新しいコードを追加
* [Houdini] カスタムAOVで「Apply Color Processing」オプションを修正
* [Houdini] Override IPR Camera Resolutionがオフの場合、Override Camera Resolutionパラメータをサポート
* [Houdini] 「Fill Window」レンダーサイズモードでのRSRenderView画像の歪みを修正
* [RenderView]AOVドロップダウンコンボボックスは、より長いAOV名に合わせて自動的に拡張
* [RenderView] カメラ移動時にIPRが領域をリフレッシュするバグを修正
* [All]デフォルトシェーダでカスタムAOVを生成するときにクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [All] ボリュームフォグAOVを生成する際にクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [All] 過度のレイメモリー使用やGPUクラッシュの原因となるバグを修正
* [All] redshiftCmdLineでレンダリングされたエクスポート済の完全なシーンプロキシ上でEXRオートクロップが動作しない問題を修正。このバグに苦しんでいる場合は、シーンプロキシを再出力する必要があります!
* [All] テクスチャプロセッサは、ドームライトテクスチャのバッドナンバー(無限など)を処理可能
* [All] テクスチャ入力を伴う「opaque」single scatteringマテリアルの結果が不一致になる可能性のあるバグを修正
* [All] ゼロ以外のマットのDiffuse Scaleを持つ場合でも、マットオブジェクトの環境GIを無効にするするバグを修正
* [All] マットオブジェクトに他のマットからの影を無視するオプションが追加