Created on | Updated on
フォローする

コマンドラインレンダリングとGPU選択

RedshiftでMaya(Renderを使用)、3ds Max(3dsMaxCmd.exeを使用)、Softimage(xsibatch.exeを使用)を使用してレンダリングする場合、レンダリングジョブに使用するGPUデバイスを指定できます。 コマンドラインからGPUデバイスを指定すると、Redshift preferences.xmlファイルは更新されないため、インタラクティブモードでMaya、3ds MaxまたはSoftimageを実行すると、Redshiftレンダリングオプションの[システム]タブで指定したGPUデバイスが引き続き使用されます 。

DeadlineとRoyal Renderを含むいくつかのレンダリングマネージャは、RedshiftでレンダリングするときにGPU選択をネイティブにサポートします。 ジョブに対して利用可能なGPUのサブセットのみを選択することは、例えば、最適なスケーリングのために単一のマシン上で複数のフレームを同時にレンダリングする場合に便利です。

前提条件

コマンドラインからレンダリングするには、Cinema 4Dアプリケーションのインストールフォルダにあるコマンドラインツールを使用します。 あるいは、Cinema 4Dアプリケーション自体も使用できます。

構文

Commandline.exe -redshift-gpu <device_id> -render c:\path\to\scene.c4d

ここで、<device_id>はレンダリングするGPUデバイスIDです。

GPUデバイス1のみを使用して 'c:\ path \ to \ scene.c4d'シーンをレンダリングする:

Commandline.exe -redshift-gpu 1 -render c:\path\to\scene.c4d

 GPUデバイス0と1の両方を使用して同じシーンをレンダリングする:

Commandline.exe -redshift-gpu 0 -redshift-gpu 1 -render c:\path\to\scene.c4d

CommandLineツールは、レンダリング(フレーム範囲、画像出力オプションなど)をカスタマイズするための複数のパラメータをサポートしています。詳細については、Cinema 4Dドキュメントの「Cinema 4Dとコマンドライン」を参照してください。

GPUデバイスIDを確認するにはどうすればよいですか?

各GPUに関連付けられているデバイスIDを確認するには、いくつかの方法があります。

1つのオプションとしては、C:\ ProgramData \ Redshiftからテキストエディタでpreferences.xmlを開き、 "All Cuda Devices"の値を調べることです。 例えば:

<preference name="AllCudaDevices" type="string" value="0:Quadro K5000,1:Quadro 6000," /> 

 この場合、Quadro K5000はデバイス0で、Quadro 6000はデバイス1です。