フォローする

FumeFX for Maya マニュアルインストールの方法に関して

概要

FumeFX for Maya のマニュアルインストールの手順について説明します。
なお、今回はMaya2016にFumeFXのマニュアルインストールを行います。

 ■

マニュアルインストール手順

Maya2016及びMentalrayのイントールフォルダは、以下のパスとします。

C:\Program Files\Autodesk\Maya2016
C:\Program Files\Autodesk\mentalrayForMaya2016

また、FumeFX for Maya のマニュアル用インストーラは、解凍すると以下のフォルダに展開されます。

解凍先フォルダ\FumeFX35_MAYAmi

 

1.
FumeFX35_MAYAmi\r2016\bin フォルダ内の AWutils.dll と VoxelFlow.dll を
Maya2016\bin フォルダにコピーします。

2.
Maya2016 フォルダの直下に FumeFX フォルダを作成します。
C:\Program Files\Autodesk\Maya2016\FumeFX となります。

3.
FumeFX35_MAYAmi\icons, FumeFX35_MAYAmi\scripts, FumeFX35_MAYAmi\r2016\plug-ins フォルダを
2で作成した FumeFX フォルダにコピーします。

4.
FumeFX35_MAYAmi\r2016\FumeFX.mod ファイルを Maya2016\modules フォルダにコピーします。

5
4でコピーした FumeFX.mod ファイルをテキストエディタで開き、[FumeFX]の部分を実際の FumeFX フォルダのパスに
変更します。
今回のMaya2016の場合は、 C:\Program Files\Autodesk\Maya2016\FumeFX になります。

6.
FumeFX35_MAYAmi\r2016\mentalrayForMaya2016\shaders\include\ffxDyna.mi ファイルを
mentalrayForMaya2016\shaders\include フォルダにコピーします。
また、FumeFX35_MAYAmi-4\r2016\mentalrayForMaya2016\shaders\ffxDyna.dll ファイルを
mentalrayForMaya2016\shaders フォルダにコピーします。

7.
FumeFX35_MAYAmi\AFLICS フォルダを使用しているWindowsOSに合わせて下記フォルダにコピーします。

32bit Windows: C:\Program Files\
64bit Windows: C:\Program Files (x86)\

AFLICS フォルダをコピー後、AfterFLICS_tools.exe を起動させ、[Service]タブの Install、Start を行い
サービスのインストール及びサービスの開始をさせて下さい。

AfterFLICS_tools_service

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。