フォローする

FumeFX for Maya:FumeFX シミュレーションライセンス、FumeFX mentalrayシェーダーライセンスをライセンス認証する

説明

FumeFX mentalrayシェーダーライセンス

FumeFXは、mental rayレンダラをサポートしています。

FumeFXインストール後、mental rayは、ローカルレンダリングにのみ使用できます。ネットワークレンダリングでは、FumeFXフルライセンスの購入に含まれていた5ライセンスをライセンス認証する必要があります。追加ライセンスが必要な場合、別途購入する必要があります。

FumeFX シミュレーションライセンス

FumeFXはBackburnerを通して、FumeFXシミュレーションライセンスを持っている任意のコンピューターにシミュレーションタスクを送信することができます。

設定方法

1台のコンピュータがライセンスサーバーマシンとして機能する必要があります。すべてのレンダリングノードのAfterFLICSは、ライセンスサーバマシンからライセンスを取得するように構成してください。

FumeFX-MRシェーダライセンスを承認するために、FumeFXのアトリビュートエディタを開いて、About FumeFX for Mayaボタンをクリックしてください。

001

以下のダイアログが表示されます。
001

①は、FumeFXシミュレーションライセンスを認証する場合に使用します。
②は、FumeFX mentalrayシェーダーライセンスを認証する場合に使用します。

ライセンス認証方法は、FumeFX本体のライセンス認証方法と同じです。

Reauthorize FumeFX SLをクリックし、ライセンス認証画面に飛ぶとProductがFumeFX 3.5 SL[Maya]となります。

001Reauthorize FumeFX-mr shaderを、をクリックし、ライセンス認証画面に飛ぶとProductがFumeFX -MR Maya Shaderとなります。

002

上記のProductが正しく表示されていることを確認してください。

ライセンス認証が完了すると、AfterFLICS ToolsのLicensesタブに下記のように追加されます。

003

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。