フォローする

Thinkbox Software: クライアントマシンでのライセンス構成の設定について

概要

クライアントマシンでのThinkbox Software製品のライセンスの設定について説明をします。

はじめに

3dsMaxのFrostやKrakatoaを初めて使用する際、下記のライセンスのダイアログが表示されます。

frost_license_dialog

使用するライセンスタイプによって、設定箇所に違いますので、ご購入のライセンスタイプに応じて設定を行って下さい。

フローティングライセンス(ライセンスサーバ使用)での設定方法

フローティングライセンスを場合、事前にライセンスサーバをセットアップしておく必要があります。ライセンスサーバのライセンス管理により複数且つ任意のマシンにおいてソフトウェアの使用が可能になります。また、ネットワークレンダリング用のライセンスにおいても必要となります。

ライセンスサーバの設定方法に関しましては、下記ページをご参照下さい。

Thinkbox Software:ライセンスサーバの設定

 

以下は、クライアントマシンからThinkbox製品のフローティングライセンスを取得するための設定方法の説明になります。

frost_license_dialog_server_completed1.
“License Server”のラジオボタンにチェックを入れます。

2.
ライセンスサーバのホスト名またはIPアドレスを入力します。
また、ファイヤーウォールを使用している等の理由により、特定のポートを使用する必要がある場合には、”Server is using a specific port (for firewalls)”オプションにチェックを入れてポート番号を入力します。

※ 有効なライセンスが見つかった場合には、製品版ライセンスとして製品が起動します。

※ 有効なライセンスが見つからない場合、エラーダイアログが表示され、製品は機能限定の評価モードで起動します。FrostまたはKrakatoaのロールアウトの”Configure License…”ボタンを押すことで後からライセンスの設定を行うことが可能です。

ノードロックライセンスでの設定方法

frost_license_dialog_file_completed1.
“Node-locked License File”にチェックを入れます。

2.
[Browse]ボタンを押して、ライセンスファイルを指定します。

3.
[OK]ボタンを押します。

※ 有効なライセンスが見つかった場合には、製品版ライセンスとして製品が起動します。

※ 有効なライセンスが見つからない場合、エラーダイアログが表示され、製品は機能限定の評価モードで起動します。FrostまたはKrakatoaのロールアウトの”Configure License…”ボタンを押すことで後からライセンスの設定を行うことが可能です。

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。