フォローする

ゲーム開発での導入について

主に、

・コンテンツ制作管理 や アウトソース管理
・ 2D・3D アートアセット制作、モーション制作、レベル制作
・ カットシーン制作、シネマティック制作
・ モーキャプ収録管理、プログラム、バグ修正、QA

で利用されています。
主に、アートアセットの制作管理で利用されているケースが多いようです。

※プログラムなどのソースの管理はできません。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。