フォローする

Nuke-Node Graphのショートカット

viewerノードには表示させたいノードを選択して数字キー1、2、3~0をクリックすると10ノードまでをインプットすることができます。

最初にviewerノード(複数ノードを接続できるノードも同様)を選択してから表示させたいノードを追加選択(Shift+Click)してYを押すと追加した順に一度にインプットすることができます。

 center;

つなげたノードを外す場合はノードを選択してCtr+Shift+Dすると外すことができます。
インパイプのみを外す場合はノードを選択してCtrl+Dするとインパイプのみ外すことができます。

NodeGraph上でTABキーを押すとノード検索ボックスが出ます。

ノードを選択した状態でCtrlしながら別のノードを出すと差し替わります。


ノードを選択した状態でNキーを押すとリネームすることができます。

ノードを選択した状態でDキーを押すと効果を無効にすることができます。

ノードを選択した状態でalt+pを押すとpostage stampが有効になり、NodeGraph上で効果が表示されます。

ノードを選択した状態でShift+Xを押すとつないでいるパイプの入れ替えをすることができます。

ノードを選択してShift+新しいノードを出すと分岐してノードが出ます。

ノードを選択した状態でShift+ctrl+Cを押すとノードの色を変更するカラーホイールが出てきます。

ノードを選択した状態でctrl+↑↓キーで上または下にノードを移動することができます。

 

ノードをした状態でShift+↑↓キーで上または下につながっているノードを追加選択することができます。

ctrlを押しながらノードをドラッグすると選択したノードの上にあるノードを一度にドラッグすることができます。
ノードをした状態でAlt+Ctrl+Aを押すと接続している全てのノードが選択されます。

Shiftを押しながらノードのパイプをドラッグするとパイプが増えます。

 

 

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。