Created on | Updated on

会社所有の ZBrush ライセンスを社外のフリーランスに貸し出すことは可能か?

※2023-08 Maxon ウェブサイトの EULA が更新されました。既存のお客様には、8月 1日より EULA 変更のお知らせを Eメールにてお送りしております。

 

会社や部署で所有している ZBrush を社外の方に貸し出すことを想定している場合、
まずそれが可能なのか、可能であればどのライセンスが当てはまるかを確認します。

まず確認するのは MAXON EULA 10条 ライセンスの一般条件です。

 

10.1 と 10.3 を確認すると、原則として第三者へのライセンス配布は NG となります。

永続ライセンスおよびサブスクリプションライセンスでは NG です。

 

会社や部署で所有している ZBrush がチームライセンスの場合、ライセンスを社外の第三者に割り当てる形式であれば OK となります。

ただし、貸出先の第三者に費用を負担させることはできません。あくまで無料での貸出のみ OK です。

 

※原則として、ZBrush のライセンスは1人のユーザーにつき1ライセンスとなることを想定しています。

1ライセンスを、昼は日本で運用し夜は海外(時差で現地は昼)のように使うことはお控えください。

 

お持ちのライセンスが貸出可能か確認をご希望の場合は、メーカーサポートまでお問い合わせください。
ボーンデジタルとご契約のお客様は弊社サポートまでご連絡ください。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

※ 問い合わせ対応はBorn Digitalより製品をご購入頂きましたお客様のみのサービスとなります。ご了承下さい。
サポート問い合わせ