フォローする

間違えて登録した情報をまとめて削除する

例えばこのようなpipelineを設定していたとします。

この上から間違えてTaskTemplateなどでTaskを追加すると、下記の赤い部分のように
意図しないTaskが生成されてしまいます。

この場合、Shotページから一つずつ選択して削除する必要がありますが、
Taskページから削除すると簡単かもしれません。

Taskページではこのようになり、一見分かりづらいですが、

Date Created やCreated byというFieldを表示させることで
それらのFieldが作成されたときの情報が分かりやすくなります。

ここではCreated Fieldを表示してみます。


なんとなく、間違えて登録した情報が分かりそうです。
ここではさらに、Groupを一度解除して、このDate Createdで並べ替えを行います。

Date CreatedのField名のところをクリックして
最近作成されたものが上にくるように並べ替えました。


ここでは、C001-C006のなかで、あとから作成されたPipelineのセットが不要になりますので、
該当の部分をすべて選択して削除します。

もう一度、GroupからLinkを選択するとこのようになります。

不要なものが省かれたようです。
一応もとのShotページの方でも確認してみます。

こちらでも元の状態に戻っていることが確認できました。
mceclip0.png

このように、Shot(Asset)ページ側からPipelineStepに対して削除を行うのは
時間がかかる可能性があるため、Taskページから、Date Created やCreated byを
もとに不要な情報を確認するとまとめて消せる場合があります。
見づらい場合には、TaskページでFiiterなども活用してください。

これは、Shot(Asset)で見えているPipelineStepの情報はTaskエンティティの情報を
表示しているということに関連しています。

■補足
この作業の際、間違えて必要なTaskまで消してしまった場合は、
アイコンメニューのTrash→Tasksから、データをもとに戻してください。

該当のものを選択し、右クリックからRevive Selected でもとに戻すことができます。

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。