フォローする

Redshift Version 2.5.22(Experimental 2.5)リリースノート

* [Max]  3ds Max 2018をサポート
* [Max] Forest PackでRedshiftプロキシとRedshiftボリュームの配置サポートを追加
* [Max] 適用可能箇所での「終了条件」、「開始フレーム」および「再生レート」を守るためのIFLファイルの処理の改善
* [Max] 'Redshift Bitmap'と 'Redshift Sprite'にビットマップタイムコントロールを追加
* [Max] 無効なマテリアルがヘアオブジェクトに適用される可能性のあるバグを修正しました。
* [Max] ピクセルを1:1で完璧に表示し、小さな倍率でアーチファクトを減らすためのフィルタリングの改善
* [Max] Redshift Physical Skyシェーダの赤と青のシフトが0より小さくなるのバグを修正
* [Max]IPRモードでレンダリングするとクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [Maya]「Render in Camera Space」オプションを有効にしたときに、テクスチャ・スイミングを引き起こす3Dプロシージャルシェーダのバグを修正
* [Maya] 古い事前変換されたスカラーテクスチャが再変換を必要とするエラーを出力するバグを修正
* [Maya] 変形モーションブラーでOrnatrixヘアをレンダリングする際のクラッシュを修正
* [Maya] 新しいRS Color LayerおよびRS Color Correctionノードの追加
* [Houdini/Katana] 1.0を使用する代わりに、alphaが存在しない場合にテクスチャアルファをカラールミナンスに置き換えるRS Texture Sampler ノードのバグを修正
* [Houdini/Katana] RS Rampノードで冗長な「補間タイプ」オプションを削除
* [Houdini] RS OBJスペアパラメータ(設定タブ)に新しい「trace sets」機能が追加。メッシュ、カーブ、ストランド、プロキシ、パーティクルオブジェクトで機能可。
* [Houdini] ペアポイントアトリビュート "tangentu" / "tangentv"、 "tangentu2" / "tangentv2"、 "tangentu3" / "tangentv3"などから抽出された複数の接線マップのサポートを追加。タンジェントマップは、シェーダーで「tangent」、「tangent2」、「tangent3」などの名前を使用して参照可能。
* [Houdini]テッセレーションされたオブジェクトの四角形を三角形分割する新しいオプションを追加。デフォルトでは無効。
* [Houdini] ポリメッシュオブジェクトをヘアとしてレンダリングし、デフォルトのヘア幅を設定するための新しいオプションをOBJスペアパラメータに追加
* [Houdini]RedshiftシェーダノードツリーにNull VOPノードのサポートが追加
* [Houdini] OpenVDBボリュームファイルの作業中のvelocityグリッド設定サポートが追加
* [Houdini] サブネット内のサブ入力ノードを使用してシェーダノードのリンクに関連するHDKバグを修正するための回避策を追加
* [Houdini] 幅が0.0に近いカーブを抽出する際の精度の問題を修正
* [Houdini] メッシュライト関連機能に関連するクラッシュを修正
* [Houdini] ポイントクラウドとパーティクルシステムにおけるメッシュライトリンク機能の修正
* [Houdini] スムーステッセレーションされたオブジェクトに描画されたジオメトリスパイクに関連する問題を修正
* [Houdini] 無効にされたメッシュライトはシーン抽出時間を改善するために現在は抽出されない
* [Katana] RedshiftObjectSettingsノードに新しい「トレースセット」機能を追加 - この機能は、メッシュ、カーブ、ストランド、プロキシ、パーティクルクラウドオブジェクトで機能
* [Katana] サブメッシュオブジェクトの四角形を三角形分割する新しいオプションを追加。デフォルトでは無効。 この機能は、自動サブメッシュクワッド四角ポリゴン三角形分割に関連する問題を修正
* [Katana] 標準的なAlembicのcreaseLengths、creaseIndices、およびcreaseSharpnessアトリビュートからのサブメッシュエッジの折り目をより強固にサポート
* [Katana] ボリュームオブジェクトにマット機能のサポートが追加
* [Katana] ポイントクラウドのメッシュライトリンク機能をサポート
* [Katana]VelocityグリッドパラメータをRedshiftOpenVDBVolumeノードに追加
* [Katana] Redshift Object Settingsノードに、「geometry.point.v」Velocityアトリビュートからポイントクラウドモーションブラーを計算する新しいオプションを追加
* [Katana] スムーズテッセレーションされたオブジェクトに描画されたジオメトリスパイクに関連する問題を修正
* [Katana] グローバル環境ウィジェットがscenegraphLocationタイプに変更
* [XSI] モーションブラーでICEストランドをレンダリングするとクラッシュするバグを修正
* [All] 最新のOrnatrix SDKに更新され、クラッシュの報告に対処するためにEphereの推奨に準拠
* [All] 多くのインスタンスを持つシーンが「failed to allocate gpu space for initial nodegroups(初期ノードグループのGPUスペースを割り当てられませんでした)」タイプのクラッシュが発生する可能性のあるバグを修正
* [All] グローバルフォグが有効になっているときに誤った環境のアルファ値が返される可能性のある、最近発生するバグを修正
* [All] 特に鋭いコーナーを持つメッシュで、一貫性のある(ビュー依存性の少ない)結果を生成するRSCurvatureモードが追加
* [All] 複数のRS Shader Switch ノードがマテリアルとして使用されている場合、クラッシュまたは不具合が発生するバグを修正
* [All] 変形されたオブジェクト上でのスイミングを防ぐために、カー・ペイントプロシージャルフレークを基準位置から生成可能
* [All] AOVを出力している間にプログレッシブとバケットレンダリングを切り替えると発生するクラッシュを修正
* [All] 新しいパーティクルプリミティブポイントクラウドとRSプロキシに関連するいくつかのクラッシュバグを修正
* [All] 小さなパーティクルを交差させるときのレイレーシング精度の問題を修正
* [All] プロキシは、メッシュのトレースセットをエクスポートおよびインポート可能
* [All] トレースセットがIPRレンダリングモードで正しく動作しないバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。