フォローする

MtoA 2.0.1 (Arnold Core 5.0.1.0) リリースノート

リリース日: 2017/6/28
このMtoAのバージョンは、Arnold 5.0.1 core が使用されています。

バグ修正

  • バッチレンダーでいくつかのMtoAシェーダーが表示されない問題を修正
  • Kickでカラーマネジメントのエラーを返す問題を修正
  • カラーマネージメントに関連したマルチスレッドの問題を修正
  • Linux: synColor_shaders.so がロードされなかった問題を修正
  • OSX: maketx コマンドが実行されなかった問題を修正
  • バンプシェーダーで間接照明が正しくなかった問題を修正
  • IPRで複数のXGenパッチが適切にレンダリングされなかった問題の修正
  • フェイス単位でのシェーディングのアサインに失敗する問題の修正
  • イメージプレーンを使用した際のシャドウマットの結果の修正
  • IPRのイテレーション中にイメージプレーンのカラースペースが失われる問題を修正
  • Maya2015/2016でビューポートに警告が出る問題を修正
  • RGBAシェーダーが接続されているときにSwitchシェーダーがエクスポートされなかった問題を修正
  • 透過レイでメッシュライトが正しくシェーディングされなかった問題を修正
  • Transmission Weightにテクスチャを接続するとSubSurfaceセクションがグレーアウトする問題を修正

 

Arnold レンダービュー(ARV)

  • ARV設定がシーンに保存されていた代わりにユーザープリファレンスに保存されます
  • 画像の保存時に、Menu Save Image オプションによりビュー変換を選択することが可能
  • Isolate selected のためのアイコンおよびホットキーが追加
  • レンダーカメラもしくは表示されているAOVを削除したときクラッシュする問題を修正
  • ディスプレイ設定が開かれない限り、ガンマスライダーが機能しなかった問題を修正

 

新機能/パラメータ

  • レンダリング中にAovWrite シェーダーのような追加のシェーダーを呼び出すことを可能にするAOV シェーダーを紹介します。cryptomatte のようなサードパーティのシェーダーは、AOV シェーダーとして使用するために移植することが可能です。
  • Standerd Surface に Thin Film という新しいパラメータを追加
  • パーティクルの Blobby および Cloud モードのサポート
  • ボリュームをPolyMesh内部で使用できるようになりました
  • レンダー設定の Indirect Sample Clamp を使用すると、間接照明によるノイズを減らすことができます(デフォルトで有効になっています)
  • Skydome ライトの AOV Indirect アトリビュートにより Skydome ライトの照明を"direct"AOVsまたは"indirect"AOVsで照らすのかを選択できます
  • ビルトインAOVsに"Coat"を追加、"Specular"AOVsから coat illumination を削除
  • Standard Surface IOR および Subsurface Radius パラメータにアトリビュートプリセットを追加
  • aiNormalMap の Strength パラメータ
  • エクスポート設定に Export Color Manager オプションを追加
  • イメージプレーンのテクスチャモードのサポート

 

その他の変更

  • alSurface / alHair をサポートするように"Convert deprecated shaders"メニューの拡張
  • 非推奨の「ヘルプ」メニューの修正/削除
  • "Create"リストに既存の atmosphere ノードを追加
  • Linux: 新しいバージョンのインストールの前に以前バージョンのインストールファイルを削除する

 

なお、こちらのリリースノートは下記ページを翻訳したものになります。

https://support.solidangle.com/display/A5AFMUG/2.0.1

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。