フォローする

Custom Entity におけるVendor権限のタスク表示について

Vendor権限へタスクをアサインすると、Vendorのユーザーは、自分の
持っているタスクしかみれません。
(協力会社用の権限のため、他社のタスク情報は見れないような設定になっている)
但し、これはShotやAssetで作成したタスクのみがデフォルトでそのような
設定がされているからとなります。

デフォルトArtist権限(全て見えます)


デフォルトVendor権限(testuser2 がVendor権限で、自分が持っているタスクのみが
表示されています)


もし仮に、別の管理をするためにShotやAsset以外のCustom Entityを独自に作成した場合、
Vendor権限の人は、新しいCustom Entity情報のすべてを見れてしまうような仕様になっています。

これを、ShotやAssetと同じように、Vendorが持っているタスクだけを
見れるようにするには、上位のSuper Awesomeの場合、拡張パミッションの
オプションを利用して、設定をすることができます。

・Awesome で契約
・CustomEntityページを閲覧時
・Vendorどうしのユーザー情報を見えないようにしたい

場合は設定をすることができません。よって方法としては

・ユーザー名を会社名ではなく、別の任意の名前で運用
 →一般的にはお手軽なこの方法がよくとられています。

・会社別でCustomEntityを分ける

ということで一応の回避をすることができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。