フォローする

Redshift Version 2.5.21(Experimental 2.5)リリースノート

  • [Maya]アルファ入力イメージをTriPlanarノードに追加
  • [Max]ブロックインジケータの処理に関連する固定メモリリーク
  • [Max]レンダービューでのズーム動作の改善
  • [Max]バケットレンダリング中のRender Viewの応答性の向上(現在作業中)
  • [Max] Render Viewにレンダリングボタンを追加
  • [Max]レンダリング設定ウィンドウの[出力]タブに[レンダービューを有効にする]オプションを移動し、[レンダリングビュー]を表示するボタンを追加
  • [Max]レンダリングビューを表示するためのMaxScriptコマンドを追加(rsShowRenderView)
  • [Max]キーボードショートカットまたはツールバーボタンがレンダービューを表示できるようにするために 'Show Redshift Render View'アクションを追加
  • [Max]スナップショット関連のキーボードショートカットをいくつか追加しました。
    '1'〜 '9'はリスト内の対応するスナップショットを迅速に選択し、 '0'は現在のレンダーに戻り、 'Enter'は最後に選択したスナップショットと現在のレンダー、選択されたスナップショットを削除するための 'Del'
  • [Max]レンダリングビューで 'Real Size'(1:1)の動作を変更してイメージを中央に配置
  • [Max] Render ViewでIPR実行中に誤った解像度を突然使用する可能性のあるバグを修正
  • [Max]レンダリングビューで画像ピクセルの倍率をフィルタリングしなくなりました
  • [Houdini / Katana]新しいカラーレイヤシェーダを追加
  • [Houdini] / matまたはSHOPコンテキストでのネストされたRS HDAのサポート。
  • [Houdini]リンクされていない入力ピンを持つHDAのパラメータのサポート。
  • [Houdini]ボリュームオブジェクトのmatte オプションのサポート。
  • [Houdini]ユーザがfilenameパラメータを消去した場合のテクスチャのリセットを修正
  • [Katana] - 複数ライトを使って作業中のライト/シャドウのバグを修正
  • [Katana] Linuxビルドで、ビューアにライトを追加しても表示されない不具合を修正
  • [redshiftCmdLine] redshiftCmdLineがpreferences.xmlのキャッシュ設定を無視するバグを修正
  • [すべて] TriPlanar投影テクスチャ上のランダムな黒点の不具合が修正
  • [すべて] BeckmannまたはGGXラフネス反射に同心円が表示される固定精度の問題
  • [すべて]Beckmannのラフネス反射/屈折のサンプリングアルゴリズムを改善し、よりクリーンな結果を得る
  • [すべて]空のシーンで自動メモリ管理がクラッシュする可能性のあるバグを修正
  • [すべて]メッシュの特定の部分でテッセレーションを非常に高くする可能性のあるバグを修正
  • [すべて]インスタンス化されたボリュームグリッドを含むプロキシでシャットダウンクラッシュを引き起こすバグを修正
  • [すべて]無効なマテリアルAOVでレンダリングするとクラッシュするバグを修正しました
  • [すべて]マテリアルに許可されているシェーダノードの内部最大数を増やしました
  • [すべて]レイ・マーチ・ボリューム・グリッドのマット・パラメータを有効にしました。
  • [すべて]ライセンスの有効化中またはRedshiftの起動中に、特定のコンピュータで発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • [すべて]テッセレーションされたメッシュのワイヤフレームレンダリングに穴を開ける可能性のあるバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。