フォローする

Redshift Version 2.5.20(Experimental 2.5)リリースノート

  •  [3ds Max]自動メモリ管理が有効になっているときに新しいRenderViewでレンダリングを停止する可能性のある問題を修正
  • [3ds Max]新しいRenderViewのパフォーマンスに関する問題が修正
    (https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/12970/)
  • [3ds Max]リージョンモードを有効にしてリージョンを描画せずにレンダリングするとクラッシュする問題を修正
  • [Houdini]ボリュームボクセルを負の値でフィルタリングするOBJスペアパラメータの新しいオプション。
  • [Houdini] IPRにて、RSマテリアルビルダー内のノードをつなぎ直した後にマテリアルを更新しない問題を修正
  • [Houdini]material outputVOPノードを削除した後のIPRクラッシュを修正
  • [Houdini]rest normalアトリビュートの問題を修正
  • [Houdini]タイムラインをドラッグした後にシェーダーパラメータを更新とIPRがクラッシュする問題を修正
  • [Houdini]インスタンスを複数のスレッドまたは非ブロックモードから抽出する際の重要なパフォーマンスの問題を修正
  • [Katana]rest normalアトリビュートの問題を修正。
  • [Katana] RedshiftOutputChannelDefineノードの屈折フィルターAOVに関する問題を修正
  • [すべて] 'Reference'ポーズ投影データを使用時のTriPlanarノードのバグを修正
  • [すべて]頂点単位およびオブジェクト単位のアトリビュートを混在させると、正しいデータを使用できない可能性があるバグが修正
  • [すべて] Shader Switchノードがライトで動作しないようにするバグを修正
  • [すべて] TriPlanarノードに各軸で1つのテクスチャを使用するオプションを追加
  • [すべて] TriPlanarノードの 'Blend Amount'オプションにテクスチャ入力を追加しました
  • [すべて]プログレッシブ/ IPRモードでボリュームをレンダリングするときに不正なアルファチャンネル結果を生成する可能性のあるバグを修正
  • [すべて] Shader SwitchマテリアルがMaterial Blenderシェーダーを使用してブレンドされないよう保持する複数のバグを修正
  • [すべて] RedshiftBenchmarkユーティリティがLinuxとMacOSで動作可能
  • [すべて]最近発生したノイズ除去のための2パスレンダリングでクラッシュするバグが修正
  • [すべて]負の密度/吸収(density/absorption )値に起因するレイマーチクラッシュのバグを修正。 これらの値はゼロにクランプされます。
  • [すべて]アルファが指定されていない場合、ユーザデータのカラー値がアルファのデフォルト値0(1ではなく)となるバグを修正
  • [すべて]シェーダスイッチと組み合わせて tri-planar ノードを使用するとクラッシュする可能性のあるバグを修正
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。