フォローする

コイル状のカーブを作成する

001.jpg

はじめにLineとCircleを作成します。

Lineはデフォルトのままですが、CircleはNurbs Circleで作成します。

002.jpg

このUniform Scaleがコイルの巻きの大きさになります。

LineにResampleノードを接続します。

これは後でコイルの巻きの数を変更できるようにするためです。

003.jpg

そのため、ポイント数を指定できるように、Maximum Segmentを有効にして、Segmentに巻きの数を設定します。

004.jpg

CircleとResampleをSweepに接続します。CircleをInput1にResampleをInput2に接続すると、LineにそってCircleが複製されます。

005.JPG

コイルのねじれを作成するため、Sweepを調整します。

まず、この時点では、単にNurbs CurveがLineの各ポイントに複製されているだけなので、OutputタブでSkin ObjectをSkin and Auto Closureに変更します。

これでつながった一つのチューブ上のポリゴンが作成されます。

006.jpg

Sweepタブに戻ります。

巻きや大きさを著精するために、Transform Using Attributesをオフにして、Scale ,Twist、Rollを調整します。

007.jpg

下記のような形でねじれたチューブが作成できます。

008.JPG

ここからつながったカーブを抽出します。

使用するのはCarveノードです。

~~~~~

Carve opは、ポリゴン、ベジエ、またはNURBSなどの任意の面またはサーフェスタイプで動作します。 これは、プリミティブをスライスしたり、複数のセクションに分割したり、そこからポイントや断面を抽出するために使用できます。

~~~~~

SweepをCarveに接続します。

Carveで始点、終点を0-1に設定し、Extractでカーブを抽出します。

これでコイル状のカーブを作成することができました。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。