フォローする

Redshift Version 2.5.16(Experimental 2.5)リリースノート

* [XSI] プロキシインスタンスでマットパラメータがオーバーライドされるのを修正したバグを修正
* [Maya] 投影(projection)ノードの「ラップ(wrap)」機能が3次元投影に対して正しく機能しないバグを修正
* [Maya] 投影(projection )ノードの「concentric」投影モードが正しく機能しないバグを修正
* [Maya] ノイズの繰り返しアーティファクトを除去するノイズジェネレーターの改善
* [Max] ワイヤフレームシェーダに「非表示エッジを表示(Show Hidden Edges)」スイッチを追加
* [Houdini] packed alembicグループごとに設定されたshop_materialpathのような、packed primitivesのプリミティブレベルアトリビュートのサポート。
* [Houdini]pscale / widthポイントアトリビュートを持たないパーティクルのスケール機能を無視する問題を修正
* [Houdini] スクリプト化されたエクスプレッションから文字列を評価し拡張する問題を修正
* [Houdini] MPlayのRGBA EXRチャンネル名に関する問題を修正
* [Katana] 子マテリアルをサポート
* [Katana] ライトシェーダーのライブアップデートに関するバグを修正
* [Katana] スキンシェーダーやmathノードのように、期待通りに機能しないシェーダーノードのいくつかの問題を修正
* [All] 非常に粗い(Rough) マテリアルに余分なノイズが入る可能性があったバグを修正
* [All] 'Bilinear'フィルタリングモードを使用すると、一次レイテクスチャがわずかにぼやけてしまう可能性があった、最近導入されたバグを修正
* [All] プロキシインスタンス(ポイントクラウドまたはレギュラー)でマットパラメータのオーバーライドを防ぐバグを修正
* [All]フェース毎のマテリアル修正時に発生する最近導入されたクラッシュバグを修正
* [All] 見つからないテクスチャファイルの警告は、見つからないテクスチャを参照するシェーダノードを報告するように変更
* [All]「y repeats filtering」によってテクスチャが予期せず再処理される可能性があるテクスチャプロセッサのバグが修正
* [All] 自動メモリ管理を有効にすると、一部のシーンの描画が遅くなるバグを修正
* [All] サブサーフェスの散乱点の生成が特定のマテリアルでうまくいかない可能性のある最近導入されたバグが修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。