フォローする

日付によってセルの色を変更する

Shotgunでは、Due Date(終了日)を基準に
Taskが遅れているかどうかを見るケースが多いとおもいます。
下記はDue Dateの内容によって、色を分ける場合の例です。



上から、終了日が

①過去
②昨日
③本日
④明日
⑤未来

というよう条件で色を分けています。

Due DateのField名を右クリック選択で、Change Cell Colors with Rules を
開きます。

ルール設定には2種類があります。


グローバルのルールとして、
このように設定してみました。


上から中身を見てみます。

①過去の日付のもの

Yesterdayの文字は項目をクリックしたカレンダーから選択ができます。



②昨日のもの

③本日のもの

④明日のもの

⑤未来のもの

【応用】

"過去の日付のもの" + "StatusがOK以外"という条件を追加します。
こうすると、タスクの提出期限が過ぎているもので、OKになっていないものに
色がつきます。
終わっていないものを、見た目的に分かりやすくする場合に有効な設定です。
このように、複数のFilterの条件を足すことができます。

また、この方法を使えば、どこかのFiedの表示条件に基づいて、
全く別のFieldの色表示を変更するということもできます。

もっと広範囲に色を変更したい場合に、特定のFieldだけではなく、
全体の行(Row)に条件をかけたい場合は下記のように、
ページの左側で右クリック選択して行(Row)のルールとして設定してください。





 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。