フォローする

権限設定の項目と範囲について

Shotgunでは、細かい権限設定ができます。Excelでいうところの
列単位での閲覧・編集設定が可能です。
そのため、どこから設定したらよいのか、どう確認したら
よいのかが最初は分かりづらいかもしれません。
また、Admin権限でも設定が制限されている項目があります。
下記は権限設定の際のポイントになります。

Permissioページでの構成を見てみます。
アイコン下のメニューからSitePreference →Permisionに入ります。

設定のポイントは以下です。

①Entity Permissions ・・・・Shot(Asset)ごと見せたくない場合などにまとめて設定

②Field Permissions ・・・・Shot(Asset)は見れるが、特定のFieldに対して設定

を押さえておくとわかりやすいです。

①を開くと、各エンティティページに対しての閲覧、編集制限の設定項目が表示されます。
下記は弊社のAdmin権限のものを開いています。


例えば、Assetページを見せたくない場合は、ここでSeeのチェックを外せば
この権限ではAssetページが見えなくなります。

---
②を開くと、さらに詳細のField名が表示されます。


このようにShotgunでは、Field単位で見せる見せないの権限設定が可能です。

Shotgunのデフォルトの権限グループは

Admin(管理者用)
Manager(マネージャー用)
Artist(社内メンバー用)
Vendor(協力会社用)

の4つの権限が分かれています。
これらを想定した権限設定がデフォルトでされています。
これらの4つのテンプレートを複製して、さらに細かい
権限グループの設定が可能となっています。

新しい権限グループを追加する

一般的には、何れかの権限グループを複製した上で、

・見せない
・編集させない

というように、権限を絞っていくやり方のほうが設定はスムーズにいきます。

1点、「*」アスタリスクのマークがついたもので、Admin権限でも
変更ができない項目があります。これらはShotgunサポートの方で、
各権限グループが適正な表示状態になるように、
あらかじめ設定されているものになります。



ケースとしては少ないですが、この「*」マークの入った
項目の変更をどうしても行いたい場合があるかもしれません。
この場合は、SuperAwesomeサポート契約の場合のみ
”拡張パミッションの設定”のオプションで、
サポートチームに具体的に表示や編集の権限について依頼を
行うことで、設定の変更を行えます。

権限設定については、Permissionページから行う方法以外にも
各エンティティページ、または各フィールドから個別に設定する
方法もあります。
状況によってはこれらの方法の方がスムーズな場合もあります。

現在見ているページに閲覧制限を設定する

現在見ているページからFieldに閲覧制限を設定する

また各権限グループが適正な見え方になっているかのチェックを
行うこともできます。

ユーザー別のページの見え方をチェックしたい(Use As)

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。