フォローする

Maya2016Ext2-2017Update3 UVセット削除の不具合

 

Maya2016 Extention2 並びにMaya2017 Upadte3までのバージョンで、UVセット削除時に不具合が確認されております。

 

例:
以下の平面には6つのUVセットが存在し、それぞれ異なるテクスチャ画像が使用しております。

UVセットエディタでuvSet5を選択して『削除』とすると、uvSet5が削除されると同時にmap1の中のUVが全て消滅いたいします。 UVエディタ > UVセット > 現在のUVセットの削除 としても同様の現象が発生いたします。
『削除』を行うUVセットの如何に関わらず、そのオブジェクト内のUVセットのうちUVを持つ最も上のUVセットでUVが消滅します。 この現象が発生した場合、Undoで削除したUVセットを復活することはできますが、これに伴ってUVが消滅したUVセットは復活することはできません。

回避方法:
UVセットを削除する前にこのオブジェクトのいずれかのUVセットで、UVエディタ > UVセット > UVをUVセットにコピー で同じUVセットにコピーしてから『削除」を行うと、この現象を回避できる場合がございます。

特機事項:
本件は既知となっております。


map1


uvSet1


uvSet2

uvSet3

uvSet4


uvSet5

uvSet5を削除
↓↓


map1


uvSet1

uvSet2

uvSet3

uvSet4
 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。