フォローする

Nuke-マルチチャンネル表示ノード LayerContactSheet

LayerContactSheet

LayerContactSheetを使うとOpenExrで読み込んだマルチチャンネル素材をどのようなチャンネルが入っているかそれぞれ取り出さずに一度に表示させ、確認することができます。

マルチチャンネルを持つexrデータ

__________2017-05-23_20.51.09.png

LayerContactSheetに接続

3Dソフトでレンダリングされたパス(マルチチャンネル)が全て表示される、プロパティのShow layer namesのチェックボックスで各レイヤー名の表示/非表示もできます。

__________2017-05-23_20.38.36.png

NodeGraph

Readノードの右端に緑色の表示があるのがマルチチャンネルを持つ素材だということが視覚的にわかります。

__________2017-05-23_20.39.51.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。