フォローする

ZBrush ディアクティベートし忘れたライセンスをリセットする方法

マシンの故障やライセンスファイルの破損によりライセンスの入ったマシンからディアクティベーションが出来なくなった場合、今まではメーカーに直接申請を 行う必要がありましたが、システムが変わり新しいマシンから古いマシンのライセンスをディアクティベート出来るようになりました。

-方法

まずは新たにライセンスを入れたいマシンにZBrushをインストールして立ち上げます。
アクティベーションを求められるので通常通りWebでのアクティベーションを選択してシリアルナンバー&登録したメールアドレスを入力します。

RemoteDeactivation1

以前はライセンスが使用されている警告が出るだけでしたが、今回よりライセンスが何処に固定されているのか確認できるようになりそこから更にライセンスをリセットする申請を出来るようになっています。

RemoteDeactivation2

履歴の一覧からリセットしたいマシンを選び「Reason for deactivation request」にリセットの理由を入力します。入力後「Request Deactivation」をクリックします。

RemoteDeactivation3
内容の確認画面が出るので、問題なければ「Confirm Deactivation」をクリックします。

RemoteDeactivation4
すると最終確認画面が出るので問題が無ければ「Click to Finish」をクリックします。

RemoteDeactivation5
これで申請完了です。リセット完了の連絡は登録したメールアドレスに届きます。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。