Created on | Updated on
フォローする

Nuke-QuickTime / QuickTimeエラーまたはクラッシュ

概要

この記事では、トラブルシューティングや、QuickTimeやQuickTime Helper関連のエラーやクラッシュを解決するためのヒントを紹介します。 

詳しくは

QuickTimeに関連するエラーメッセージが表示された場合、最も一般的な解決策は、QuickTimeアプリケーションが最新のものであることを確認することです。

QuickTimeを最新のリリースにアップデートした後でも引き続きエラーメッセージが表示された場合は、次の手順を試してください

Nuke / NukeX / NukeStudioをセーフモードでテストする
セーフモードでテストすることにより、QuickTimeとやりとりするすべてのカスタマイズ/サードパーティのプラグインが原因である可能性が排除されます。
セーフモードでの起動に関して

「QuickTimeデコーダを使用する」  を1または2などの低い値に
設定します。この設定は、「環境設定>スレッド/プロセス> QuickTime 「使用するデコーダ」を選択し、使用しているマシンに搭載されているコアの数と競合していないことを確認します。これが表示されているエラーを解決するのに役立つ場合は、後でこの番号を徐々に増やして、設定に最も適した設定を見つけることができます。

ネットワークではなくローカルドライブに保存されたすべてのファイルを使用してプロジェクトをテストする
QuickTimeエラーを表示する既知の理由の1つは、ネットワークの場所を読み書きしようとするときにQuickTimeのタイムアウトが原因である可能性があります。時には、クラッシュすることがあります。ローカルでのテストは、潜在的な原因としてネットワークを排除するのに役立ちます。

QuickTimeのアンインストールと再インストール
最後の手段としてこれを推奨していますが、QuickTimeのアンインストールと再インストールが問題の解決に役立ったという報告があります。
 

この記事はFoundryサポートサイトから原文を確認できます。

Q100088: QuickTime/QuickTime Helper error or crashes

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。