Created on | Updated on
フォローする

予測と実績のスケジュールを比較する設定

Shotgunのガントチャートを仕様する場合、2パターンの運用方法が
考えられます。

 1)実際のリアルなスケジュールを引いて管理。その場合、どこまで見せるか。
 2)作業者に提出してほしいスケジュールを引いて運用(リアルなスケジュールは
    Excelなどで別途管理)

ということについて、検討の必要があるかと思います。

もしリアルなスケジュールもShotgunで引いておいて、
実際に運用していてるスケジュールと比較させるには設定に少し工夫が必要です。

【手順】

 1)Sequenceエンティティ
  Sequenceエンティティに対して、項目を設けてリアルなスケジュールを引く
   →Sequenceエンティティでなくてもよいです。


ここでは、新たにScheduleというPipelineStepを新しく設定しています。


 2)Shotエンティティ
  Shot(Asset)エンティティに対して、スケジュールが入った状態。
      これはよく見るいつもの情報です。



 3)Taskエンティティ
  上記、1)2)の状態で、Taskエンティティを見てみると

Taskエンティティでは、すべてのエンティティのガントチャートが集約されますが、
SequenceとShotのスケジュールが別々で表示されます。
Filterを使用して別々に確認できますが、ここではさらに、比較できるように
近くに表示させる方法をご紹介します。

ひとつFieldをtext形式などで追加して、そこにグループを作るための情報を入力します。
ここでは近くに表示させたいものを、同じカット番号の情報を入れます。

グループ表示を、新たに作成したFieldでグループ表示に切り替えると、
情報が近くにまとまりました。しかしPipelineStepの並びがおかしいようです。

もし並びがおかしい場合は、Sort Order のFieldを出して、表示させたい順番を
登録してください。

入力後、Sort Order のところをクリックすると、番号順に並びます。
これで、予測と実績のガントチャートを比較してみれるようになりました。

あとは、もし見せたくないユーザーがいれば、ページを複製して設定したページのみで表示させて、
元のページでは非表示にしたりするなど、Filterやタブの閲覧制限でうまく設定してみてください。

※Sequenceエンティティに対して、閲覧制限をかけても、Taskエンティティにはガントチャートが
 表示されますのでご注意ください。

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。