Created on | Updated on
フォローする

Modo11.2v1リリースノート

Modo11.2v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

 

ダイレクトモデリングの改善 

Modo 11.2では、次のような大幅に改善されたポリゴンの特徴がもたらされます。ポリゴンの境界エッジの隅に四角形を追加するSquare Corner。 オフセットインセットフェースと元の境界エッジの間の均一な距離を維持するためにも。 ポリゴンの面取りのためのエッジレール; クローズドボリュームを維持するためにThickenを選択します。 エッジベベルには、面取りされたエリアの外側のエッジの横に、共面ポリゴンを作成し、スムージングエラーを修正するためのマイターリングオプションが追加されました。 Co-Planar Edgeを維持すると、選択されていない同一平面エッジが選択されていない鋭いエッジにマージされ、より予測可能な結果が得られます。 また、選択されたものだけをスナップするオプションは、選択したジオメトリを前景ジオメトリにスナップし、重いメッシュのジオメトリスナップを高速化します。

 

UVツールの強化

Modoの既に強力なUVツールは改善を続けており、一貫性と効率性を備えたゲームアセットのテクスチャ作成を容易にします。 Modo 11.1で追加されたTexel Densityツールには多くの更新が加えられ、使用が迅速化され、より信頼性の高い結果が提供されています。 UVアイランドとスタックアイランドをすばやく整列させることで、テクスチャをより効率的に使用できます。 UVカバレッジインジケータは、前景アイテムとUVマップ内のすべてのアイテムによるカバレッジの割合を示します。余分な表示モードでは、欠けているか歪んだUVを簡単に選択できます。また、UVエラーを検出するための新しいコマンドが複数あります。

 

プロシージャルモデリング

Modoは最先端のマーケットで提供するクラス最高のモデリングソリューションの1つとして、Modo 11.2のプロシージャるモデリングツールは引き続き拡張され、より大きな柔軟性を提供します。 「スライス」、「軸スライス」、「軸ドリル」、「ソリッドドリル」、「ブーリアン」、「曲線スライス」などのスライス関連メッシュ演算をサポートするように、「前回の選択」操作が更新されました。 新しいポリゴンタイプのメッシュ操作は、任意のサーフェスポリゴンの選択で動作し、ポリゴンのタイプを変更したり、ポリゴンを面、サブディビジョンサーフェスまたはcatmull-clarkポリゴンに変換します。 さらに、ポリゴンのサーフェス法線を逆転させる、新しいフリップポリゴンメッシュ操作があります。

 

アニメーションパフォーマンス

リギングおよびアニメーションワークフローのいくつかの領域でパフォーマンスが向上し続けています。Weight EditingのパフォーマンスとDeformer Manipulationの両方が更新され、Modoの全体的なリギングとアニメーション体験が強化されました。より大きなキャラクタを手にするなど、メッシュの小さな部分をウェイト編集するときや、足や指など、スケルトンの小さな部分が変形している場所に文字を配置するとき、対話的なパフォーマンスの向上が大幅に改善されます。

 

 Alembic I / Oの改善

Alembicエクスポートの機能拡張
Modoと他のDCCの間で、Modoのレプリケーターエクスポートワークフローが改善されました。
KatanaやHoudiniなどのアプリケーション Alembic I / O環境設定に、[Replicas As As]オプションが追加されました。 エクスポートするデータのタイプ。 Alembicレプリカをジオメトリ、パーティクル、
パーティクルとジオメトリの両方を使用します。

FBXプラグインは、FBX 2016-2018のエクスポート/インポートオプションのサポートを含む、Autodesk FBX 2018.1のバージョンにアップデートされました。

 

クラウドベースのプリセットブラウザ

アーティストは、Modoプリセットブラウザを使用することで、最新のModoコミュニティ共有サイトに接続し、Modo内から数千のサンプルファイル、プリセット、テンプレートを直接アクセスできます。プリセットをダブルクリックするだけでダウンロードでき、アセットは通常の.IPKファイルをインストールするのと同じ方法で、デフォルトのコンテンツフォルダ構造内にインストールされます。フリーキットやプラグインに簡単にアクセスできるほか、追加のModo Addonsを購入するための直接リンクも利用できるようになり、コミュニティが成長するにつれて拡大し続けます。

 

MeshFusionのアップデート

Draft Unionsとのインタラクションを高速化:MeshFusion Itemsをアクティブな部分と非アクティブな部分に自動的に分割して、メッシュが移動したときにユニオンまたはシームのジオメトリ計算を一時的に無効にする新しいワークフローです。Catmull Clark Sub-Dエッジ加重ソースジオメトリの新しいサポートにより、可変エッジウェイトをよりよく処理するメッシュが得られます。素材のポリゴンタグ、パイメニューの更新、および2つの新しいアセンブリプリセットを作成するための新しい方法があります。リブリムアセンブリは、構造リブ、窓/キャノピーフレーム、および関連するジオメトリをモデリングするのに便利です。ElboPipeアセンブリを使用すると、直線セグメントと短い、タイトなターンからなる配管を簡単に作成できます。

 

ワークフローの改善

Modo 11.2の全領域でワークフローが大幅に改善されました。Unreal Bridgeには、アイテム、テクスチャ、および素材のチェックボックスを含む、プッシュアクション用のよりコンパクトなUIが追加されました。また、サブフォルダをサポートし、接続がライブであるときに複数のModoシーンで動作し、より正確なエクスポート進行状況バーを備えています。その他の追加には、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオのブレント・バリー(Brent Burley)の論文を元にした新しいシェイダー・タイプ(Principled BDRF)が含まれています。新しいシーンクリーンアップコマンドは、空のメッシュとグループを削除し、未使用のスケマティックノード、イメージ、マテリアル、デフォーマをパージします。新しいプレイブラストコマンドでは、OpenGLビューポートの記録時にオプションが増えます。

上記以外の情報はModo11.2v1リリースノートをご参照ください。

Modo11.2v1リリースノート

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。