Created on | Updated on
フォローする

3DプリントマテリアルがSubstance Sourceに登場

クリエイティブな趣味愛好家から航空宇宙産業まで、キャラクターアーティスト、ゲーム、新しいクリエイティブな宇宙を探索するVFXを通して、Additive Manufacturing(付加製造)は、インダストリー4.0への”the fundamental brick(基本素材) ”として現代的な製品設計の構想に(3D)プリントを用います。

この冬、Substance Sourceは、3Dプリント専用の50種類以上の調整可能なマテリアルを用いて拡張されました。

10の付加的な製造技術の視覚特性を模倣して、アーティストが3Dプリントの結果をフォトリアリスティックな方法で事前に可視化することを手助けします。

素材変換のプロセスと同様に、3Dプリントに使用されるツールは、マテリアルの表面にマークを残します。 私たちは、エキサイティングなプレビューの作成と、純粋な触知性と審美的な観点から、これらのエフェクトを組み込んだマテリアルがこれまで以上に必要であると考えています。

これらのマテリアルを使用して、デザイナーやアーティストに「プロセス駆動型」テクスチャを使用して新しい触知体験を創造する機会を提供したいと考えています。

各マテリアルは、視覚的なアトリビュートを変更する特定の修正可能なパラメータのセットで構築されます。 可能なバリエーションは、色および粗さからスライス形状および規則性、ならびにランダムなプリンタノズルの微小量なマテリアル流出および分布に及ます。

Additive Manufacturing(付加製造)とは?


Additive Manufacturing(付加製造)は、層ごとに構築される物体の製造技術です。 3Dモデルから出発して、Additive Manufacturing(付加製造)機械(3Dプリンタとしても知られている)は、印刷ヘッドの経路だけでなく、3Dオブジェクトを生成するための連続するマテリアルの層を確立します。

当初は、試作前のモデルを視覚化する手段として内部試作に専念していましたが、Additive Manufacturing(付加製造)は進化し、ほぼすべての業界で最終使用製品を生産するために使用されています。

alg.gif

フォーミング(マテリアルは射出成形のように所望の形状に導かれる)やSubtractive Manufacturing(除去加工/オブジェクトは、フライス加工やCNC加工のようなソリッドブロックからマテリアルを連続的に切断することによって構成)のような従来の製造方法と比較して、積層造形法(additive printing) は、「化粧品」と「機能的」部品の境界を曖昧にするワンステッププロセスで多くの機能を統合できるため、部品や製品の考え方や設計方法に革命をもたらします。

Additive Manufacturing(付加製造)技術を使用して製造された製品は、プラスチックから金属、セラミックスまで、さまざまな材料で製造することができます。 レイヤーごとの構築技術は常に進化しており、従来の方法では不可能な形状や製品を生産することが可能です。 たとえば、事前に組み立てられたオブジェクトや、方向付け不可能で有機的な形状、あるいはナノ構造の表現をプリントすることが可能です。

 

技術とプロセス 

3Dプリンタは、STLファイルを青写真として使用して、ミクロンスケールでマテリアルの薄い層を堆積させて、層ごとに最終的な物体を構築する。素材は、粉末から液体またはシートに及ぶ。

Substance Sourceマテリアルセレクションは以下から構成されます:

  • 3Dプリンターで作られた10以上の織り合わされたメッシュと複雑なアセンブリマテリアル
  • プリントプロセスに関連する層のトポグラフィ、変更および変形などの変更可能なパラメータを含む10個の3Dプリント技術に基づいた40以上のマテリアル

3Dプリントのカテゴリー:

これらの技術はすべて、製品アセンブリとテクスチャメッシュの面でクリエイティブな境界を押し上げます。 生体模倣や絡み合ったメッシュに触発された肺胞パターンなどの複雑な構造を生成することが可能になりました。
これらの分野における最先端の探究からインスパイアされた選択肢の中に、複数の例があります。 これらの構造はすべてSubstance Designerでプロシージャルに生成されており、Substance Sourceで入手可能なSBSグラフをダウンロードし、新しい3Dパターンであなたの創造性を実践することをお勧めします。

alg2.gif

Ferro-Fluids(磁性流体)

Ferro-fluids(磁性流体)は、強磁性ナノ粒子でできたコロイド状の液体であり、流体中に浮遊する小さな粒子です。各粒子は、凝集を防ぐために界面活性剤で完全に被覆されています。Ferro-fluids(磁性流体)は電子装置でハードディスクの回転駆動軸の周りに液体シールを形成するために、または機械工学ではより一般的に、あるいはインクと組み合わせて色とりどりの模様を作り出す芸術的実験にも使用されます。この素材はまた、宇宙船の推進、光学、医療(磁気薬物ターゲティング)または将来の エナジーハーベスティング(環境発電) ソリューションのような多くの先進的研究領域において非常に有望な用途があります。

alg3.gif

Continuous Liquid Interface Production (CLIP)

連続プロセスは、液体フォトポリマー樹脂のプールで発生します。 紫外光線がプールの底を照らし、対象物の正確な断面を照らします。 光が樹脂を凝固させます。 プリントプロセスは連続的で、迅速な生産サイクルが可能です。

alg4.gif

Direct Metal Deposition (DMD)

DMDはレーザーを用いて金属粉末を溶融させます。 他のほとんどの技術とは異なり、それはパウダーベッドに基づいていませんが、フィードノズルを使用して粉末をレーザービームにスプレーします。 ノズルは溶融金属を堆積させるために移動することができるので、溶融堆積モデリング( Fused Deposition Modeling )に非常に似ています。

alg5.gif

Direct Metal Laser Sintering (DMLS)

DMLSは、精密なレーザーを用いて粉末合金をマイクロ溶接し、完全に機能する金属部品を形成します。

alg6.gif

Electron beam melting (EBM)

EBM技術は、金属粉末を完全に溶融する高真空中で電子ビームを用いて層ごとに金属粉末を溶融させることによって物体を構築します。

alg7.gif

Fused deposition modeling (FDM)

FDMプロセスは、直ぐに硬化して層を形成する溶融素材のストリングを押し出すことによってオブジェクトを構築します。 プラスチック製のフィラメントまたは金属ワイヤは、コイルから巻き戻され、素材を供給して部品を製造します。

alg8.gif

Multijet (MJP)

MJPはインクジェットプリントに似たプリント技術ですが、紙にインクを滴下する代わりに、圧電プリントヘッド技術を使用して、光硬化性プラスチック樹脂またはキャスティングワックス素材の層ごとに堆積します。

alg9.gif

Powder Binding (jet binding)

Jet Binding iは、バインダーを用いて粉末を凝固させる方法です。 この粉末は、ローラー付きの建設プラットフォーム上に積層される。 各層上に、バインダ素材がインクジェットプリントヘッドから選択的に突出して、粉末が凝固します。 利点の1つは、色素を結合剤に組み込むことができ、着色された3D物体を作成することができることである。

alg10.gif

Selective Laser Sintering (SLS)

SLSプロセスでは、プラスチック、セラミックまたはガラスの小さな粒子が、高出力レーザーの熱によって一緒に融合されて、立体の固体物体を形成します。

alg11.gif

Stereolithography (SLA)

SLAは、紫外線に反応する液状樹脂を使用する技術です。 UVレーザビームは樹脂タンクの表面を掃引し、対象物の断面に対応する素材を選択的に硬化させ、3D部品を下から上に構築します。

alg12.gif

Substance Sourceで3Dプリントマテリアルを選択し、プリンタを起動する前にフォトリアリスティックな方法でオブジェクトを表示してください。

本記事は下記を元に作成されました。

https://www.allegorithmic.com/blog/3d-printed-materials-beamed-substance-source